Loading

親の土地に住宅を建てるときに住宅ローンは借りられる?

親の所有する土地に住宅ローンを利用して、子どもが住宅を新築することは意外に多く行われています。この場合、住宅ローンは無条件に借りられるのでしょうか? 借りられる場合、どのような条件が必要となるのでしょうか? 

また、住宅ローンを借りるときに注意すべきこと、および税金の問題はないのでしょうか? 親の土地に住宅ローンを利用して住宅を新築する場合の住宅ローンの利用条件、および注意点について解説します。

親名義の土地に住宅を新築するときの住宅ローンの利用条件

親の名義の土地に住宅を新築するとき、住宅ローンを利用できます。ただし、住宅ローンが利用できるためには、親が土地を担保に提供し、かつ住宅ローンの連帯保証人になることが条件として必要です。この点が問題なければ住宅ローンを利用して家を新築できます。なお、親の土地に抵当権などが付いていると、住宅ローンを無条件に利用できない可能性があります。

親名義の土地を無償で利用する場合の注意点

親が存命中は、土地を無償で借りていても税金が課税されることはありません。しかし、親がなくなると、子どもは親から借地権相当額を相続したことになり、借地権相当額が相続税の対象になります。また、両親とも亡くなり、子どもが2人以上いて相続財産がこの土地だけだとすると、この土地を2人以上の子どもが相続することになります。この土地を分割して複数の子どもに分けられるほど土地が広くないと、住宅を新築して住んでいる子どもは、他の子どもが相続する土地金額に相当する現金を用意して財産分与しなければならなくなるので注意が必要です。

なお、もう1つ注意点があります。親から提供された土地に対し、親から無償で借りるのは申し訳ないとして、土地の賃貸料を親に支払うと、その土地を利用する権利金相当額が贈与されたとみなされます。その場合、税率の高い贈与税が課せられる可能性があるので注意が必要です。

まとめ

親の土地に住宅を新築する場合、住宅ローンは一定の条件を満たせば利用できます。ただし、そのときに注意すべきこととして、親の土地を借りることにまったくの無償では申し訳ないとして、地代を払ったりすると税金の課税対象になる可能性があること。また、親が亡くなった後には相続税や子供間での財産分配で争いが生じる可能性あることについて説明しました。親の土地に住宅を建てるときは税金をきちんと検討してから行うことが必要です。

関連記事

  1. パントリーを考える~有益な生活スタイル、不要な生活スタイル

  2. 高齢者に求められる住まいのデザインとは?(トイレ編)

  3. 蓄熱暖房で24時間暖房を実現する

  4. 外断熱・内断熱のメリットとデメリットとは?

  5. 建築家が行う「監理」ってどういう意味?

  6. 漆喰壁の色は選べるの?

  7. 建築家と長く付き合うことのメリットとは?

  8. 快適に暮らすための効果的な照明設置方法

PICKUP

  1. アイランドキッチンが良いわけ

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP