Loading

高齢者と暮らすための部屋づくりとは

高齢になった自身の親、またはパートナーの親と同居することは多くの家庭であり得ることです。その際に気を付けたいのが親が暮らす部屋のつくり方です。高齢者が暮らしやすい工夫をしてあげることで、親も快適な毎日を過ごすことができるでしょう。 

二世帯住宅か完全同居かの選択

親と同居する際にまず決めなければならないことが、二世帯住宅にするのか完全同居型にするのかです。それにより新居の設計も大きく変わってきます。一般的な二世帯住宅型では基本的に親と子の生活は別々で、ほとんどの機能やスペースを共用しません。一方で完全同居型の場合は食事をはじめ多くのことを共有することになります。まずはどのようなスタイルで同居するのかを決めて、そこから具体的な設計を考える必要があります。 

高齢者の部屋づくりで工夫したい点

高齢者が快適に暮らせる部屋というのは、若者のそれとは大きく異なります。高齢者には高齢者に合わせた部屋づくりを考えてあげましょう。
ポイントとしては、
・トイレや浴室に行きやすい
・出入り口を引戸にする
・ベッドを置ける広さにする
・バリアフリーにする
・手すりをつくる
このようなことを意識すると良いでしょう。
同居を始めるときは元気でも将来的にどうなるかはわからないので、外部から介護サービスを受けやすいように部屋から直接外に通じるつくりにしておくことも便利です。基本的に高齢者の部屋は1階につくるべきですが、どうしても2階になってしまう場合はホームエレベーターをつくるなどして対応しましょう。 

まとめ

新築を建てるタイミングでは親との同居を考えていなくても、将来どうなるかはわかりません。予定はなくてもそうなった話になったときに対応できるよう考慮したつくりにしておくことが無難です。同居のタイミングでリフォームできることが理想ではありますが、本格的なリフォームにはお金も時間もかかるので簡易的にでも親と同居できる間取りを考えておくことをおすすめします。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 金融機関が自営業者に対して住宅ローンの融資を行うか否かを判断する際、最も重視して審査するポイント

  2. 建築家との家づくり。いつ設計料を支払えば良い?

  3. 延床面積が狭い家を、広く見せるコツ

  4. リビングに書斎を設ける

  5. そもそもウォークインクローゼットは必要か?

  6. 金融機関別の住宅ローンの特徴を知って最適な住宅ローンを選ぼう!

  7. 中庭を作ることによるメリットと、その注意点について

  8. 変動金利の5年ルールと125%ルールの怖さを知っていますか?

PICKUP

  1. アイランドキッチンが良いわけ

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP