Loading

変動金利の5年ルールと125%ルールの怖さを知っていますか?

住宅ローンの変動金利には、金利の上昇で返済額が急激に増えるリスクがあります。このリスクに対して「5年ルール」と「125%ルール」という返済額が急に、頻繁に、また大幅な増額にならないようにする規定が設けられています。変動金利のリスクを軽減する便利なルールですが、大きなデメリット・怖さがあります。「5年ルール」と「125%ルール」のデメリット・怖さについて説明をします。

「5年ルール」「125%ルール」とは

「5年ルール」とは、変動金利の見直しは6カ月ごとに行われますが、金利の大幅な変動があっても返済額を5年間は、変更しないというルールです。「125%ルール」とは、5年ごとに金利変動による返済額が見直されたときに、いままでの月額の返済額よりも25%以上は増えないようにするルールです。

ただし、5年ルールでは、金利上昇前には元金返済額が6万円、利息返済額が4万円の計10万円だった場合、金利が上昇すると返済額の合計10万円は変わりません。しかし、たとえば元金の返済額5万円、利息の返済額が5万円となって元金の返済額が減少します。また、「125%ルール」では、今までの返済額が月額10万円であった場合、金利の見直しで返済が14万円になったとしても、12.5万に抑えられます。ただし、5年ルールと同様に元金の返済額が減って利息の返済が増えます。

「5年ルール」「125%ルール」のデメリット・怖さ

「5年ルール」「125%ルール」は、返済額が急激に増えたとき、返済ができなくなる可能性を軽減できるとても便利な制度です。しかし、このルールでは元金の支払いを先延ばししているだけなので最悪は返済しても返済しても元金がなかなか減らないでローンが残り続ける大きなデメリットが生じます。そして、大幅な金利上昇が長く続くとデメリットを通り越して元金がなかなか減らない、つまり住宅ローンをいつまでも返済し続けなければならないという怖さがあります。

頑張って返済を続けても元金が減らないので元金があまり減少していません。そのため、住居を売却しても手元に残るお金が少ない、あるいは売却額が元金に満たないとローンだけが残って住居もなくなってしまう可能性があります。

まとめ

変動金利の金利上昇による返済額の増加リスクを軽減してくれる「5年ルール」と「125%ルール」は、メリットの裏に大きなデメリット・怖さがあることを紹介しました。変動金利は金利が低くて魅力的ですが、金利上昇時のリスクを考慮して検討することが重要です。

関連記事

  1. バルコニーの設計で注意するべきポイント

  2. ウォークインクローゼットのメリット

  3. 家を建てるなら知っておきたい地盤の注意点とは

  4. 断熱性・気密性に優れた家をつくる住宅メーカーの選び方

  5. 外断熱・内断熱のメリットとデメリットとは?

  6. 住宅物件の広告にある「家賃並みの返済」、その魅力的な言葉の裏にある注意点

  7. 自然エネルギーの活用で効率的な生活をする方法

  8. 夏場でも快適&安全! メッシュジャケットの実力

PICKUP

  1. アイランドキッチンが良いわけ

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP