Loading

キッチンは広ければいいというものではない理由

広いキッチンに憧れるという女性は多いと思いますが、キッチンは実際に使ってみると広ければいいというものでもないのが現実です。確かに広ければ余裕を持って動くことができ、多くのものを置いておくことができるので料理好きの人は特に憧れるかもしれませんが、広いキッチンと使い勝手の良いキッチンはまったくの別物なのです。 

広すぎると無駄が多くなる

キッチンが広いと動きやすいのはいいのですが、その分移動範囲が広くなることで無駄が多くなります。動く歩数が多くなることで、いつの間にか披露も溜まります。近年人気のアイランド型や対面型のキッチンは配置を間違えると非効率なキッチンとなってしまうので注意が必要です。よく使うものなどはなるべく近くに配置し、コンパクトに料理ができる環境にすると良いでしょう。 

便利なキッチン作りを目指す

便利なキッチンの型としては「コの字型」がおすすめです。コの字型のキッチンの場合、動く範囲は小さくなりますがある程度の広さは保つことができるので、非常に効率的に使用することができます。一歩動くだけでほとんどの必要なものに手が届くようになり、料理をすることが楽になり楽しくなることでしょう。 

まとめ

女性にとって広いキッチンは憧れの的であり、常に夢に描くものです。「マイホームを建てるときは絶対に広いキッチンにしたい!」という気持ちが強すぎて、細かな部分の使い勝手までは考えないことも多くなります。広いキッチンにももちろんメリットはあるので、広いことが悪いということではなく、効率的な配置にすることができるかが問題となります。広くて使い勝手も良い理想的なキッチンを作るためには、設計の段階で冷蔵庫の位置やコンンセントの位置などを予めイメージしておくことが大切になるでしょう。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 屋根裏のある家、メリットとデメリット

  2. ゼロエネルギーハウスのすすめ

  3. 建築家に依頼した住宅の工事費を極端に増やさないためには?

  4. 収納の革命、蔵のある家、ミサワホーム

  5. 都市に建てる住宅、「箱の家シリーズ」とは?

  6. 浴室とバルコニーをつなげ、開放感のある浴室に仕上げる

  7. モデルハウス見学に存在するちょっとした落とし穴

  8. 住宅ローンの金利は同じではない!有利な金利で借りられる人の条件

PICKUP

  1. ニッチの作り方と費用

最新の投稿

人気記事ランキング

PAGE TOP