Loading

生活してみて後悔するコンセントの数と位置について

注文住宅で納得した設計のマイホームを建てたとしても、やはり実際に生活をしていると後悔することは意外と多いものです。そんな中でも意外と多いのがコンセントの数や位置についての後悔です。現代社会では自分たちが想像している以上に電化製品を使う機会は多く、今後も増え続けることが予想されます。そんな後悔の多いコンセントについて今回は迫ってみます。 

現代社会は電化製品の山

現代社会は電化製品なしでは生活できません。テレビや冷蔵庫、洗濯機やエアコンなど挙げればキリがありません。キッチンまわりでは冷蔵庫以外にも電子レンジやオーブン、炊飯器など多くの電化製品を使い、他にもPCやプリンター、湯沸し器やストーブ、携帯電話の充電などコンセントはいくらあっても足りないという状態に陥っている家庭も多いのではないでしょうか。現代の住宅は電化製品の山なのです。 

コンセントを作る位置について

電化製品が多いことを予め想定してコンセントを多めに作っていたにも関わらず、家具などに隠れてしまい有効活用できていないケースも多く見受けられます。このような事態を極力避け、効率良くコンセントを使用していくには作る位置が重要になってきます。基本的にはスイッチ周りにコンセントも作ることがおすすめです。スイッチを家具で隠してしまうということは考え難いので、スイッチの近くに作っておくと有効に使用できる可能性が高くなります。
また、将来的にバリアフリー住宅にリフォームすることも視野に入れているのであれば、コンセントの位置は通常よりも高めに作っておくようにすることがおすすめです。コンセントが低い位置にあると車いすに引っ掛かりやすくなってしまい、思わぬ事故を引き起こす原因となってしまう恐れがあるからです。 

まとめ

コンセントを作る位置は、予めどの電化製品をどの場所で使うかを想定して決めるようにしましょう。なるべく延長コードを使わずに使用できる位置が理想的です。案外盲点になりがちなコンセントですが、現代では欠かすことのできない重要な存在なので、しっかりと検討して決めることをおすすめします。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 家を建てるなら知っておきたい地盤の注意点とは

  2. 働き盛りに発症するガンに備えて住宅ローンを賢く利用する方法

  3. 住宅ローンの繰り上げ返済はメリットばかりじゃない3つのケース

  4. 建築材料や家具に使用される木材の種類をご紹介

  5. 建築家に依頼してもローコスト住宅は可能?

  6. 新建材や新工法には慎重な判断を

  7. 活用しよう!地方公共団体の住宅ローン支援制度

  8. リビングダイニングのあかりのテクニック

PICKUP

  1. バリアフリーリフォームとは

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP