Loading

多くの建築会社がプレカットを導入している理由とは

現代の建築現場では、材料が工場で事前にカットされて運ばれてくるプレカット加工が主流となっています。今ではこのプレカット加工は大手になるほど常識となっており、大工さんが一から加工する方法をとっているのは小さな工務店くらいではないでしょうか。今回はこのプレカットの導入が常識となってきている理由についてご紹介いたします。 

プレカットができる前

プレカット加工の技術が広まる前までは、柱や梁を一本ずつすべて大工さんが加工していました。これは「墨付」と呼ばれ、大工さんの腕の見せ所でもありました。しかしこの墨付には多くの時間が必要で、ミスがあると建前の現場で再加工が必要になり手間がかかってしまいます。しかしこれを機械で行うことができれば、基本的なミスは限りなくなくせることになります。 

品質の安定と工期の短縮

プレカット加工を多くの建築会社が導入している理由として、品質の安定と工期の短縮が挙げられます。職人さんとはいえ人間のやることにはミスが付きものです。そしてすべてをまったく同じように加工することは不可能です。しかし機械で行うことですべてを同じように加工し、しかも高速で行うことができてしまいます。材料の品質が安定し、工期が短くなることで人件費の削減にもつながることが、多くの企業がプレカットを積極的に導入している理由なのです。昔と比べ大工さんの人口が減ってきていることもあり、現場での作業はなるべく早く簡単に終わらせられるようにしているのが現状です。 

まとめ

プレカット加工の技術は建築現場の常識を大きく変えることになりました。昔ながらの技術力が求められる職人さんの仕事はどんどん減ってきていますが、家を建てる施主側にとってはサービスが向上しているのも事実です。安く早く品質の高い家を目指す中で生まれた技術がプレカット加工だといえるでしょう。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 住宅ローンの繰り上げ返済はメリットばかりじゃない3つのケース

  2. 担当者が一級建築士を持っていなかったけど大丈夫?

  3. バリアフリー設備の正しい選び方

  4. トップライト(天窓)による効果と、注意すべきことについて

  5. キッチンリフォームの工事日数と工程について

  6. 住宅ローンのフラット35が子育て世代に優遇策、その内容は?

  7. 新築工事の工期は、建築会社によって様々である 

  8. 宅配ボックスについて

PICKUP

  1. システムキッチンの選び方

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP