Loading

住宅ローン破綻回避は借りられる金額ではなく返せる金額を借りること

住宅ローンの利用を検討するときに、銀行から借りられる金額を借りることと、返済できる金額を借りることでは大きく異なります。借りられる金額(銀行が課してくれる金額)は、返済できる金額と同じに考える人も多いかと思います。そうではないことについて説明します。それによって、絶対に回避しなければならない住宅ローン破綻を回避できる可能性を高くできます。

借りられる住宅ローンの限度額一杯を借りるようになる理由

住宅の購入は多くの人にとって人生最大の買い物で、大きな夢をもって購入を決意します。そのため、どうしても最高の住宅にしようと住宅の仕様を高級にしたり、また家具や電気製品などもできるだけ最高のものにしたりします。その結果、住宅の購入金額が増加します。そこで、多くの人は銀行から借りられる金額で住宅の購入を決意する傾向が強くなります。

しかし、銀行から借りられる金額を借りるのと、返せる金額を借りることは大きく異なります。借りられる金額を借りると住宅ローン破綻を招きやすくなります。

借りられる金額を借りてはいけない理由

一般的に、銀行は融資額の年間の返済額が年収の30%以内に収まる金額を融資します。しかし、年収は手取り金額ではありません。年収から税金や社会保険料が控除されたり、各家庭で住宅ローンに回せない費用があったりします。安易に銀行が貸してくれる金額を借りると返済に困る可能性が高まります。

また、将来発生する費用は予測できないので、思いがけない費用が発生したときに返済が厳しくなります。高度経済成長時代と異なり、年収が順調に増加していく保証もありません。極力、余裕をもって返済できる金額を借りるようにする必要があります。

まとめ

住宅ローンは、借りられる金額を借りるのではなく、余裕をもって返済できる金額を借りるようにしなければならないことを紹介しました。返済できる金額しか借りないことで住宅ローン破綻を回避できます。

関連記事

  1. 住宅ローンの変動金利を銀行や住宅販売業者が勧める理由とは?

  2. 来客が多い家庭にお勧めの玄関クローゼットと洗面台の位置について

  3. 斬新な形状の家を建てるなら知っておきたい、構造設計一級建築士の存在

  4. 後悔しない家を建てるためにやっておきたいこと

  5. ウッドデッキを長持ちさせるお手入れ法

  6. 寝室の壁の色~「茶色」のもたらす意味とは

  7. 信頼できる情報は口コミに勝るものはない?

  8. ウォークインクローゼットのデメリットについて

PICKUP

  1. バリアフリーリフォームとは

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP