Loading

カーテンの素材

カーテンは一般的に布で作りますが、この素材によりそれぞれ特徴があります。大きく2つに分けるとすれば、天然素材と人造繊維(化学繊維)に分けることができます。 この素材毎の特徴を理解してカーテン選ぶようにしましょう。

天然繊維

天然繊維の代表は綿でしょう。綿は天然繊維であり植物繊維、毛・絹は天然繊維であり動物繊維です。これらは染色性にすぐれているためデザインのおしゃれなカーテンをつくりやすく、保温効果も高いという利点があります。天然繊維ですから、廃棄後は自然に帰るなど、環境に優しいです。しかし、日光による劣化がしやすいため、深く日光が差し込む西面のカーテンにはあまり向かないとも言えます。

化学繊維

科学繊維には、ポリエステル・アクリルなどがあります。これらは水分を吸収しにくく、丈夫で暖かい繊維だと言えます。防炎などの機能もつけやすく、シワにもなりにくいというメリットもあります。しかし、静電気が発生しやすいのがデメリットです。

カーテンの価格は、基本の布からさらに機能をプラスしていくと上がっていくと考えると解りやすいです。例えば織の組み合わせが緻密で、意匠糸を使用するなどの高級な糸を使うと価格は上昇します。無地やストライプの布は、比較的単純なドビー織という織り方でできますが、柄物は1枚の布に複雑に組み合わせて織り上げるため、ジャガード織になり、織り方が違うわけです。また、防炎や消臭と行った機能を付加しても価格は上がります。自分の欲しい機能に優先順位を付けて、これに合った素材を選びたいものです。

 **

高級カーテン生地はヨーロッパ製のものが多いように思います。でも日本にも良いデザインのカーテンはもちろんあります。日本で最も高品質なカーテンは、川島織物セルコンから出ている、Sumiko Hondaデザインのカーテンだと思います。リビングなど重要な部屋には、これぐらい高品質なカーテンを付けたいですね!!

画像参照元:川島織物セルコン(Sumiko Honda)
http://www.kawashimaselkon.co.jp/ja/SumikoHonda/
執筆:LIFE STYLE編集部

関連記事

  1. 寝室の壁の色~「緑」のもたらす意味とは

  2. 住宅ローンの支払いの減額を銀行に交渉する際の注意点

  3. 子ども部屋とプライバシー

  4. 正しい操作で安全に丸太を作るチェーンソーの使い方

  5. 屋根のリフォーム、重視するのは耐久性? コスト?

  6. 住宅ローンを土地取得に利用するための方法・条件とは

  7. 住宅ローンのフラット35が子育て世代に優遇策、その内容は?

  8. 職人泣かせな2×4住宅の現実とは

PICKUP

  1. アイランドキッチンが良いわけ

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP