Loading

カーテンの役割

自宅の窓にはほとんどの人がカーテンを取り付けていると思います。なぜカーテンを取り付けているのでしょうか? こんなこと、考えたこともない、そこに窓があるからカーテンを付けているという人も多いと思います(笑) もちろんカーテンにも意味があります。「カーテンの役割」を順に見ていくことにしましょう。

視線の遮蔽

外部からの視線を遮り、プライバシーを守ります。

光の調整(調光)

カーテンの開閉や素材の種類により必要な光の量を調整します。

光の遮断(遮光)

朝陽や西陽など、外部の明るさを室内に入れたくない場合に活用します。遮光機能のカーテンや糸の打ち込みが密なもの、農色のものが効果的です。家の外にコンビニなどの商店があり、夜中まで明るい場合にも遮光カーテンは効果的です。

断熱効果(保温)

外部からの熱気や冷気を室内に入り込むのを防ぎます。断熱性が高いのは、静止した空気です。そのため、窓ガラスとカーテンとの隙間をいかに密閉するかがポイントになります。

日よけ効果

太陽光線に含まれる、日焼けの原因になる紫外線を防ぎ、家具・調度品・建具を守ります。これらを室外に反射する機能の付いた、サンシャットレース(ミラーカーテン)や紫外線を除去軽減するUVカットレース等もあります。

防音効果

外部の騒音の遮断や、室内の音の吸収を行い住環境を整えます。低音域には比重の重いカーテン、高音域には織りが緻密で凹凸感のあるカーテンが効果的です。映画館やコンサートホールでは、ベルベットの表生地にゴムラミネートされた遮音裏地の生地を縫製してしようしています。

空間演出(装飾)

殺風景な窓辺を飾り、自分のライフスタイルを演出します。

カーテンにはたくさんの役割があります。自分の欲しい機能をチェックして、インテリアコーディネーターさんやカーテン屋さんにお願いすれば、あなたにピッタリのカーテンを提案してくれると思います。

画像参照元:川島織物セルコン(filo)
http://www.kawashimaselkon.co.jp/
執筆:LIFE STYLE編集部

関連記事

  1. 建築家に設計依頼して、竣工までの期間どのくらいかかる?

  2. 強固なハコで家を造るセキスイハイムのユニット工法の強みとは?

  3. 机の置き方、独立した部屋の場合

  4. マンション共用壁にも壁面収納が可能

  5. 駐車場スペースを設ける際に、注意しておくべきことをご紹介

  6. 寝室と直接照明

  7. 暖房に薪ストーブを採用して困ったこと

  8. 住宅建材における塗装のあれこれ

PICKUP

  1. ニッチの作り方と費用

最新の投稿

人気記事ランキング

PAGE TOP