Loading

樹脂サッシとアルミサッシ

昔からの戸建住宅では、窓にはアルミサッシを使用するのが一般的だったと思います。(遠い昔は木製でしたが、、)しかし、最近では樹脂製の窓枠の採用が増えてきているようです。その理由は何故でしょうか? 

窓建材に求められる性能として、断熱性、採光性、デザイン性、耐久性があります。これらの性能の中でも、近年は特に断熱性の高い住宅が求められています。この断熱性能の向上に、樹脂製が向いているためです。

樹脂サッシ

アルミに比べて樹脂は熱伝導率が小さく、冬には外の冷たさを部屋の内側に伝えにくいという利点があります。確かに耐久性に関してはアルミに劣るのですが、住宅用のサッシの場合、それほど厳しい使用環境ではないため、樹脂製のサッシでも耐久性は大丈夫だと言えます。耐久性のあるアルミを外側に、断熱性の高い樹脂を内側に使用した、ハイブリッド構造の商品もあります。それぞれの利点を上手く活かしています。

フレームは小さい方が良い

サッシのフレーム部分は、ガラス面に比べて熱を通しやすくなってしまいます。そのため、フレーム部分の面積を小さくし、ガラス面を大きくなるように設計している商品もあります。これはガラスの面積も増え、開放的なイメージになるため、とても良いデザインだと言えるでしょう。

ガラス部分は熱を伝えにくくするために、複層ガラスにしている商品が増えてきました。ガラスとガラスの間には、乾燥空気や空気よりも熱を伝えにくいガスなどが封入されています。複層ガラスの中でも、より遮熱と断熱の機能が高いLow-E複層ガラスがおすすめです。遮熱型は特殊金属膜(Low-E膜)を室外側のガラスの内側に貼り付けたもので、断熱型の場合は、室内側のガラスの外側に膜を貼り付けたものです。この特殊金属膜が、夏の暑い日差しをカットして、室内をすごしやすい環境にしてくれます。

画像参照元:リクシル(窓まわり)
http://www.lixil.co.jp/lineup/window/
執筆:LIFE STYLE編集部

関連記事

  1. 現代に復活するマルチスペース、土間

  2. 8割が「寒い場所がある」と答えた住まいの家庭内寒暖格差

  3. カーテンの役割

  4. 生前贈与で贈与税対策と住宅ローン控除を併用するときの注意点

  5. 多くの建築会社がプレカットを導入している理由とは

  6. 壁の仕上げ材の種類と選び方について

  7. 漆喰壁の色は選べるの?

  8. 外壁のリフォーム

PICKUP

  1. アイランドキッチンが良いわけ

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP