Loading

住宅ローンの金利以外の賢い選び方!付帯サービスをチェック

住宅ローンを選ぶときは、まず金利、そして金利が同じ程度なら金額の大きな「保証料」「事務手数料」に注目して固定金利か変動金利かを総合的に判断します。そして、もっとも金額的に支払総額が安いところや将来の金利動向を予測して、最終判断するのが一般的です。

しかし、もう1つ銀行を選ぶときに注目したいものに付帯サービスがあります。付帯サービスについても知識がないとお得な住宅ローンを選んだことにならなくなります。付帯サービスにどのようなものがあるかについて紹介します。

住宅ローンの一般的な選び方

住宅ローンを選ぶときは、まず金利や保証料、事務手数料などに注目して、そして将来の金利動向を予測して決まるのが一般的です。この段階で決められないときは、さらに団体信用生命保険特約料、繰り上げ返済手数料、金利タイプ変更手数料まで含めて検討することも可能です。ここまで行っても、もっともよい銀行が決められない場合は、付帯サービスに注目することで最善の住宅ローンが選べます。

住宅ローンの付帯サービスとは

付帯サービスというとあってもなくても同じようなサービスのイメージがありますが、そのサービスを利用したい人にとってはとても便利で得になるサービスです。同じような条件でどこの銀行が良いかを決められない場合は、付帯サービスに着目して選ぶことでもっともお得な住宅ローンが選べます。

住宅ローンの付帯サービスの具体例

付帯サービスには以下のようなサービスがあります。すべての銀行が行っている訳ではありませんが、以下のようなサービスがあるか、ないかを確認して最適なサービスを見つけるようにしましょう。

1.自動的に繰り上げ返済ができるサービス
返済口座に残高があると自動的に繰り上げ返済ができるサービスです。たとえ、返済手数料が無料であっても毎月手続きをする手間と時間は無駄です。積極的に余裕資金を繰り上げ返済に回していきたいと考えている人にはとても便利なサービスです。

2.返済額の増減・中断が可能なサービス
長い住宅ローンの返済期間中には病気や事故などで返済が厳しくなるときが考えられます。繰り上げ返済していた場合など、利用するには一定の条件が付きますが、毎月の返済額を減らせたり、中断ができたりするサービスです。

3.コンビニや提携銀行でのATM引き出し手数料無料サービス
マイナス金利で銀行は従来無料であった手数料を有料にしつつあります。このようなサービスがあると近くのコンビニや他行でも利用できて便利です。なお、無料の利用は一定回数までの制限があります。

4.インターネットでの他行あての振込手数料の無料サービス
他行に振り込むことが多い人には一定回数までですが、振込手数料が無料になると大きな節約ができます。

5.定期預金の優遇金利・外国為替手数料の優遇サービス
少しでも高い金利での預金をしたいときや外国為替を扱うことが多い場合に便利なサービスです。

6.その他
家事代行サービス・買い物割引サービス・生活用品レンタル割引サービス・24時間の健康などに関する相談サービスなどがあります。利用したいサービスがあればとてもお得に活用できます。

まとめ

金利やその他の費用などで比較して同等と考えられる場合、付帯サービスまで含めて検討するとお得になること、およびどのような付帯サービスがあるかについて紹介しました。住宅ローンは超長期にわたって返済を行います。そのため、少しのサービスの差でも長い期間では大きな差になって表れます。付帯サービスを上手に活用しましょう。

関連記事

  1. トイレの床にフローリングはおすすめできない理由

  2. カーテンの役割

  3. ウォークインクローゼットの基礎知識

  4. フローリングの向きをあえて短手に張るという選択肢

  5. 建築家との相性はどうやって確認すればいい?

  6. ロフトは本当に必要?メリットとデメリットを知っておこう

  7. 意外と知らない吹き抜けのメリットとデメリットとは?

  8. 高断熱・高気密な住宅の特徴について

PICKUP

  1. コートハウスってどんな家?

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP