Loading

梅雨や花粉の時期でも大丈夫!室内干し環境を整える方法

本来洗濯物は庭やベランダに干すものですが、様々な事情からなかなか外に洗濯物を干せない家庭があるのも事実です。そんな家庭は家を建てる際に予め室内干しを想定した環境を作っておくことをお勧めします。室内干しはあまり良いイメージがない人も多いと思いますが、意外とメリットも多いので室内干し環境について詳しくご紹介いたします。 

階段の上を利用する

室内干しでお勧めなのが階段上のスペースの利用です。このスペースに天井から必要に応じて引き出せるタイプの物干し竿を設置しておけば室内干し環境ができあがります。しかしこれだけではただ干すだけになってしまうので、階段の高い位置に大きめの窓を作って太陽の光を多く取り込めるようにしておけば、浴室換気乾燥機や洗濯乾燥機と違って室内でも太陽光で乾かすことができます。天井に換気扇を作っておけば、梅雨時などでも湿気を最小限に抑えることもできるでしょう。 

室内干しのメリット

室内干しには意外と多くのメリットも存在します。まず一番が雨を気にしなくていいという点です。天気が微妙な日に洗濯物を干したまま外出するとずっと天気が気になってしまいますが、室内干しであれば天気を気にする必要はありません。また、花粉症の人は花粉の時期には洗濯物を外に干したくないものです。そんな人にとってこういった室内干し環境を作ることは、花粉が衣類に付くことを避けつつ太陽光で乾かすことができるので大きな魅力となるでしょう。乾燥しがちな冬場は室内干しをすることで加湿効果が得られるのもメリットです。 

まとめ

共働きで帰りが遅く、冷たくなってからしか取り込めないという家庭は多いものです。そんな家庭でも室内干しであれば洗濯物が冷たくなることもなく、留守中の雨の心配もなくなります。一般的にイメージがあまり良くない室内干しですが、環境を整えて上手に干すことができれば意外と悪くないものです。日中になかなか家にいることが難しい家庭でも、室内干し環境を作ることで快適に暮らすことができるでしょう。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 建築家に依頼してもローコスト住宅は可能?

  2. 地下室をつくり有効に活用する方法

  3. 寝室とは

  4. 難土地でも眺望も日当たりも良くプラバシーも守れる家をつくる工夫

  5. リビング階段のメリットとデメリット

  6. 住宅ローン控除とふるさと納税を利用するときの注意点

  7. 建築家との家づくり。土地探しから依頼可能なの?

  8. 小さなスペースで広々と暮らすオープン設計

PICKUP

  1. アイランドキッチンが良いわけ

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP