Loading

北道路の安い土地でも工夫次第で快適な住宅へ

家を建てるなら南向きが良いと考える人が多く、北道路の土地は敬遠されがちです。しかし北道路の土地にもメリットはあり、工夫次第で快適な生活を送ることも可能です。そこでどんなメリットがありどんな工夫が必要かをご紹介いたします。 

北道路の土地を選ぶメリット

敬遠されがちな北道路にもいくつかメリットが存在します。まず一つが土地が安いという事実です。人気がないだけにその分価格は下がるのです。そして次にプランが作りやすいというメリットもあります。南道路の場合どうしても南側にリビング、北側にトイレや浴室といったプランになってしまいますが、北道路の場合はそういった縛りがなく自由度の高いプランを組むことが可能となります。さらに、「北側斜線制限」という制度に守られているため目の前に高い建物が建たないこともメリットだといえます。この制度は、北道路の土地の場合南側に隣接する土地に高い建物が建つと家も敷地も日陰になってしまうので、そういったことを防ぐために作られた制度です。 

採光を工夫して快適空間へ

北道路の土地が人気のない最大の理由が日当たりの悪さです。しかし逆に考えると採光を工夫することで日当たりの悪さを改善できれば、そのデメリットは消えてなくなります。具体的な改善策としては、天窓や反射ミラー、光制御ガラスなどを使用することです。採光が良くなると暖房の省エネが期待でき、カビの発生なども防げるので快適な住宅を造り出すことができるでしょう。 

まとめ

北道路の土地にもメリットがあり、デメリットも工夫次第で改善することができます。採光の工夫に関しても建築会社とよく相談しながら対策を練っていると、意外と快適に暮らせる家づくりができるはずです。好条件の土地でも北道路だからという理由だけで避けるのではなく、メリットも考慮して土地選びをすることをお勧めします。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 知っておきたい住宅ローンの金利が魅力のネット銀行のデメリット

  2. システムバスの選び方

  3. 小さなスペースで広々と暮らすオープン設計

  4. 建築家との相性はどうやって確認すればいい?

  5. 必要? 不要? 役割を変えて進化し続ける雨戸

  6. 注文住宅の建築でよくある失敗とは?

  7. わが家に一工夫、モダンな和室の造り方

  8. 建築家との家造りを途中でやめたらどうなる?

PICKUP

  1. ニッチの作り方と費用

最新の投稿

人気記事ランキング

PAGE TOP