Loading

挽き板と突き板の床材

自然素材を活用した床材にしたいという施主からの要望は結構あると思います。しかし、無垢板のような自然素材だと手入れが面倒だとか、反りが発生してしまう可能性があるなど、不安な面もあります。そこで検討対象になるのが「挽き板」と「突き板」だと思います。これらの特徴を順に見ていきましょう。

挽き板

挽き板とは、木材を厚さ2ミリの薄い板に切り出して、合板に貼り付けたものです。そのため、表面は無垢材の質感を出しながらも反りを抑えたり、場合によっては床暖房に対応できるような商品もあります。こちらは電気ノコギリで薄く木材を切り出すため、ノコギリのクズが発生する分、贅沢な仕様になります。しかし表面の質感は無垢材そのままなので、高級感があります。

突き板

突き板とは、木材を薄くスライスして、合板に貼り付けた表面化粧材です。薄くスライスする厚さは、わずか0.3mm程度ですので、合板の断面を目で見てもほとんど厚さは感じません。モノを落としたりしてキズが入ると、下の合板が見えてしまうなどの欠点はあります。また、突き板の場合は薄くスライスした木材を貼り合わせるため、表面は木材本来の肌触りではなく、塗装剤の仕上げにはなります。それでも自然の美しい木目を楽しむことも出来て、飲み物をこぼした時なども、手軽に掃除ができるというメリットはあります。扱いやすさとしては、挽き板よりも突き板のほうが良いとも言えます。

自然無垢材フローリングを採用するのは少しハードルが高いという人でも、挽き板や突き板ならば採用できるかもしれません。もっとも挽き板は、無垢材レベルの価格がしますが、扱いやすさなどはこちらのほうが良いと思います。

画像参照元:朝日ウッドテック
http://www.woodtec.co.jp/
執筆:LIFE STYLE編集部

関連記事

  1. R天井で光を柔らかく広げる和室をつくる

  2. 自然素材の家はメンテナンスが大変なの?

  3. 来客が多い家には離れ風のゲストルームをつくろう

  4. 知らないと損をする住宅ローンの借り換えテクニック

  5. リフォームが得意な建築士とその特徴について

  6. 緑と光あふれる癒しの空間 サンルームのある家

  7. ゼロエネルギーハウスのすすめ

  8. 費用が変わる!?土地を選ぶときには「地盤」も考えよう

PICKUP

  1. バリアフリーリフォームとは

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP