Loading

地鎮祭や上棟式は減少傾向

地鎮祭

個人で戸建住宅を建設する際に、地鎮祭(じちんさい)をする場合があります。神社から神職を呼んで、お供えをして工事の安全を祈願します。準備は施主が行う場合と、工事関係者が行う場合と両方があるようです。

しかし、現在はこのようなしきたりは減ってきているように思います。地元の工事現場を見ても、地鎮祭のような儀式はせずに、そのまま建設工事に至っている場合が多いようです。地鎮祭にはお供え物の準備や、神職に渡す費用(個人の場合は2~5万円程度だそうです。)がかかるので、これを節約する意味もあるでしょう。必ずしもやる必要は感じない儀式になりつつあるようです。

上棟式

上棟式は在来工法の新築の場合、土台が完成して柱・梁・桁等の部材を、一気に1日で組み上げる日に行います。上棟式は安全祈願というよりも、施主から棟梁や大工さんへの慰労の意味合いが強いようです。かつてはお昼にお弁当を振る舞ったり、夜に棟上げした家の下で、施主や大工さん等が集まって、お酒や食事を振る舞ったりしていました。

しかし、このような棟上げ式も減ってきていて、特にハウスメーカーが施工する家の場合は、現在はほとんど行っていないようです。住宅を新築するという仕事は、大工さんや棟梁だけでなく、電気・ガス・水道といった設備関係の技術者や、建材メーカーのスッタッフなど、多くの人が関係する仕事です。1日に多くの関係者を集めて慰労会を開くというのは、逆に手間が増えてしまう結果にもなると考えられます。

まとめ

地鎮祭や上棟式は、原則廃止して良いしきたりだと思います。これらの費用や手間は省略して、その分設計や施工といった実務的な事に、お金や労働力を振り分けるほうが、現代には合っているように思います。

画像参照元:耐震工法SE構法のNCN
http://www.ncn-se.co.jp/
執筆:LIFE STYLE編集部

関連記事

  1. 宅配ボックスについて

  2. 子供部屋づくりは成長に合わせた見直しがポイント

  3. システムバスにリフォームする際の費用

  4. 不動産会社の提携住宅ローンのメリット・デメリット

  5. 住宅ローンは変動金利か固定金利の2択で選ぶのが最善な理由

  6. 住宅ローンの繰り上げ返済はメリットばかりじゃない3つのケース

  7. コンロの数はいくつくらいがいいか

  8. 建築家が行う「監理」ってどういう意味?

PICKUP

  1. ニッチの作り方と費用

最新の投稿

人気記事ランキング

PAGE TOP