Loading

契約社員・派遣社員が住宅ローンを上手に借りる方法

非正規雇用社員である契約社員や派遣社員の全労働者数に占める割合は、厚生労働省の報告によると既に40%をこえるほどに増加しています。そして、今後もこの比率は企業を取り巻く経済環境が好転しない限り、まだまだ増えていく可能性があります。非正規雇用社員が住宅ローンを借りるときの銀行はどのような対応をするのでしょうか? そして、上手に借りるにはどうしたらよいでしょうか? その方法について紹介します。

非正規雇用社員に対する銀行の住宅ローンの貸し出しスタンス

契約社員や派遣社員などの非正規社員への銀行の対応は各銀行によってさまざまです。契約社員や派遣社員のいずれも可、あるいはいずれも不可、またはいずれか一方が可で他方が不可など異なります。さらに契約期間で1年未満は不可、派遣元会社への登録が3年未満などは不可などの条件も銀行によって異なります。

そのため、契約社員や派遣社員の人は、銀行を慎重に選べば住宅ローンを組むことが可能です。なお、今後は契約社員や派遣社員の比率がますます上って行くことから、契約社員や派遣社員に住宅ローンを貸し出す銀行は増加していくと考えられます。

契約社員や派遣社員が住宅ローンを申し込むおすすめの銀行

住友SBIネット銀行と自分銀行です。いずれも契約社員や派遣社員でも住宅ローンの申し込みを受け付けています。ただし、少なくとも「勤続年数に3カ月以上」「安定かつ継続した収入があること」などの条件がつきます。「安定かつ継続した収入があること」は、不明確な表現なので申し込みは無条件に拒否されずに受け付けてもらえますが、融資は難しいことが考えられます。その対策として、頭金をしっかり準備する、クレジットカードの利用で支払い遅延をしない、またクレジットカードのキャッシング枠を少なくするなど十分な対策を行うことで融資を受けられる可能性が高くなります。

まとめ

契約社員・派遣社員の非正規社員は、一般的に正規社員よりも住宅ローンを組むことは難しいのが現実です。契約社員・派遣社員が上手に住宅ローンを組める方法について紹介しました。決して、最初の銀行で契約社員・派遣社員だから住宅ローンは無理といわれても諦めないようにしましょう。よく調べると住宅ローンを組める銀行を見つけられます。

関連記事

  1. 長期優良住宅について

  2. 駐車場スペースを設ける際に、注意しておくべきことをご紹介

  3. 建築基準法で言う「建築」とは

  4. 良いレンジフードを選ぶ際に必要な視点とは?

  5. 夫婦と子ども2人で暮らす家の適正な間取り

  6. 寝室とは

  7. 参考にしたい住宅ローン利用者の借入額と収入に対する返済比率

  8. 住宅ローンの変動金利を銀行や住宅販売業者が勧める理由とは?

PICKUP

  1. バリアフリーリフォームとは

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP