Loading

住宅ローンは借りる銀行によっては100万円以上支払総額が変化!

住宅購入時に住宅ローンを組む場合、多くの人は住宅販売会社と提携している銀行と住宅ローンを組みます。提携ローンを利用すると一定のメリットはありますが、住宅ローンの金利やローンを組める金額は銀行によって異なります。そのため、提携銀行が必ずしもローン申込者にとって最善のローンを組めるとは限りません。ローンを組む銀行によっては100万円以上の支払総額が生じることや、借りられる金額が異なってきます。その理由について紹介します。

銀行によってローンを組む条件が異なる理由

銀行によってローンを組む条件が異なる理由は2つあります。1つは、銀行によって住宅ローンに適用する金利が異なるからです。もう1つの理由は、同じ銀行でも貸し出す相手によって金利を優遇する条件が異なっているからです。2つの理由によって、住宅ローンの融資を申し込んだ銀行がローン申込者にとって不適切だと金利が高くなり、融資を受けられる金額も小さくなってしまうことが考えられます。銀行の表面的な金利は各銀行の金利を比較することで確認できます。しかし、優遇金利はローン申込者によって適用される金利は分かりません。ある銀行の金利がもっとも低くても、適用される金利は別銀行の最低金利が高い銀行が、自分にとってはもっとも安い金利になる可能性があります。

条件の良い銀行で住宅ローンを組むには

住宅販売会社が提携した銀行の住宅ローンを必ず利用しなければならない必要性はありません。手間はかかりますが、しっかり各銀行の金利を調べて条件の良い銀行を選ばないと100万円以上の大きな差が付きます。表面的な銀行の金利を調べて、条件の良い銀行に自分が住宅ローンを利用する場合に金利がいくらになるかを確認するようにします。

まとめ

銀行によって住宅ローンに金利や借りられる金額が100万円以上異なることがあります。手間がかかってもしっかり銀行ごとの金利や融資可能金額を確認するようにすることで、もっとも自分に適した銀行ローンを利用できます。

執筆者:ライフスタイルズ編集部

関連記事

  1. 広いデッキを最大限活用した楽しみ方とは?

  2. ゼネコンの力、大成建設ハウジング|鉄筋コンクリート造の強みとは?

  3. 高齢者に配慮した住まい(トイレ編)

  4. 基礎パッキン工法のメリットとデメリットについて

  5. 強固なハコで家を造るセキスイハイムのユニット工法の強みとは?

  6. 猫と住むのに最適な住宅デザインの工夫とは

  7. 不動産会社の提携住宅ローンのメリット・デメリット

  8. 暮らしやすさをもたらす回遊動線

PICKUP

  1. コートハウスってどんな家?

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP