Loading

給湯設備について

現在は様々なエコ設備があります。住宅を新築や改築するときには迷うほどの選択肢があるでしょう。今回は給湯設備について見ていきます。

給湯器には、単純に電気でお湯を温める電気温水器があります。しかし現在はより省エネルギーになっている様々な商品が発売されています。

エコキュート

大気中の熱エネルギーをヒートポンプユニットに取り込み、自然冷媒である二酸化炭素(CO2)で圧縮して高温化し、その熱で水をお湯に変える給湯器です。自然冷媒を使うため環境に優しく、また給湯の省エネと二酸化炭素(CO2)の削減にもなるメリットがあります。割安な夜間電力を使用することで給湯コストを削減することもできます。

エコジョーズ

今までは排熱されていたガスを再利用することで給湯する仕組みで、無駄を無くすことから注目を集めている商品です。正式には潜熱回収型ガス給湯器と呼ばれます。従来廃棄していた約200℃の排気ガス中の熱を2次交換機で回収して、排気ガス中の水蒸気を水に戻すことで熱効率を高めています。

エコウィル

家庭用ガス発電給湯暖房システム。家庭用に開発されたガスコージェネレーションで、ガスを燃料にして発電と給湯を行う仕組みです。発電を行うので電気代が安くなるメリットがある一方で、給湯をしないと発電を行わないので使用量が少ないと発電量も減ってしまいます。

エネファーム

水の電気分解の逆の原理を用いて、都市ガスから取り出した水素と空気中の酸素を化学反応させて電気をつくるシステム。発電の際に出る熱も再利用される。給湯時に一般家庭の約50%程度の電力を発電できるので電気代が安くなるメリットがあります。しかし、貯湯タンクの設置スペースが必要なのと、他の機器に比べて高価であるという難点があります。

コージェネレーションとは、ひとつの資源から熱と電力を生産するシステムの総称です。今後はこのような設備が増えてくるのだろうと思います。

画像参照元:リンナイ(エコワン)
http://rinnai.jp/ecoone/
執筆:LIFE STYLE編集部

関連記事

  1. 手抜き施工を防ぐために大切な「床下と天井裏」のチェック

  2. 養生方法1つから見極める、職人の質と付き合い方

  3. 小さなスペースで広々と暮らすオープン設計

  4. 木造住宅には国産の木を使いたい理由

  5. 外観だけではない、スウェーデンハウスの魅力 〜ツーバイフォーの強みとは?

  6. 住宅の設計を組織設計事務所の建築士に依頼するメリットは?

  7. 太陽光発電による売電で住宅ローンが軽減できる!?

  8. 土間玄関のある暮らし

PICKUP

  1. アイランドキッチンが良いわけ

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP