Loading

外壁をタイルにすることのメリットとデメリット

新築住宅を建てるとき、外壁選びも意外と悩むポイントとなります。素材や色などで様々な候補がある中でも一際目を引くのはタイルの外壁です。タイルの外壁はお洒落で高級感も出るので人気も高まっています。そんな外壁タイルのメリットとデメリットについて詳しくご紹介いたします。 

外壁タイルのメリット

外壁をタイルにすることのメリットはたくさん挙げられますが、まずはその見た目の美しさでしょう。他の外壁とは明らかに異なる特別な雰囲気を醸し出して非常にお洒落な住宅となります。そして定期的なメンテナンスが不要ということも人気の理由となっています。一般的な外壁の場合10年程度で塗装をやり直さなければなりませんが、タイルの場合その必要はないので長い目で見れば経済的ともいえます。タイルは材質が石なので経年劣化も少なく、いつまでも美しいどころか経年による良い意味で味が出てくるという利点もあります。長く住む家だからこそこのようなメリットは大きなものだといえるでしょう。 

外壁タイルのデメリット

一方で外壁をタイルにすることのデメリットですが、一番は建築時の費用が高くなってしまうことでしょう。外壁を総タイルにすると300万円前後建築費用がアップしてしまうと考えておいた方がいいでしょう。それでも定期的な塗装直しが不要ということを考慮すると、先行投資という考え方もできます。
外壁タイルのもう一つのデメリットは耐震性の問題です。外壁がタイルの場合重さが出てしまうので耐震性が下がってしまう可能性があります。このあたりの話は建築会社から詳しく聞いてしっかりと理解しておくことをおすすめします。 

まとめ

外壁は家の第一印象を決める大きなポイントになる部分です。外観が自分好みの家でないといくら内装が素晴らしくても愛着が湧きにくい人も多いのが現実です。後から外壁をやり直すというのは大変な工事になってしまうので、なるべく妥協しないことをおすすめします。外壁タイルは最初の建築費の問題さえクリアできれば長期的にも非常に優れている外壁なので、是非候補に入れてみてはいかがでしょうか。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 暖房に薪ストーブを採用して困ったこと

  2. マンションリフォーム

  3. 「コンストラクションキーシステム(C.N.K)」とは?

  4. 近年話題の「老後破産」を避けるための住宅ローンプランについて

  5. ちょっと変わったコンセントの種類と使い方

  6. 住宅建材における塗装のあれこれ

  7. 親の土地に住宅を建てるときに住宅ローンは借りられる?

  8. 50年の歴史を刻んだ名車“モンキー”がついに販売終了

PICKUP

  1. アイランドキッチンが良いわけ

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP