Loading

日当たりの悪い部屋を明るい部屋に変える方法

日当たりの悪い部屋は日中でも暗い印象になってしまいます。なるべく日当たりの良い家を意識して建築しても、周辺住宅の環境などでどうしても日当たりの悪い部屋ができてしまうことはよくあることでもあります。しかしそういった部屋でも工夫次第で明るい部屋に変えることができるので、その方法をいくつかご紹介いたします。 

ミラーレースカーテンを使う

まずは室内に日が入ってくる窓の対策を一番に考えます。実はカーテンの種類を変えるだけでも部屋を明るく変えることができるのです。今回紹介するのは「ミラーレースカーテン」と呼ばれるカーテンです。このカーテンはその名の通り鏡のように光を反射し、外から室内を見えにくくする効果があります。しかし素材はレースなので外からの光はしっかりと室内に取り込んでくれます。カーテン越しに外の景色が良く見えることもあり、室内が広く感じられる効果も期待できるでしょう。カーテンを一般的なものからミラーレースカーテンに変えるだけでも暗い部屋が明るく広い空間に様変わりするのです。 

インテリアを工夫してみる

インテリアを少し工夫するだけでも室内の印象を明るくすることができます。日当たりの悪い部屋の家具はなるべくダーク系の色のものは避け、白や薄いベージュといった明るい色で統一してあげるだけでもその印象は大きく変わります。背の高い家具も部屋を狭く感じさせるだけでなく暗くさせてしまう原因にもなってしまうので、なるべく背の低い家具をそろえることがおすすめです。可能であれば思い切って壁紙を変える手段もあります。明るい色の壁紙にするだけでも部屋の印象はとても明るくなるでしょう。 

まとめ

ちょっとした工夫をするだけでも暗い部屋の印象はとても明るいものとなります。カーテンを変えたりインテリア選びを意識することは決して難しいことではありませんし気軽にできる対策です。日当たりの悪い暗い部屋を改善することは意外と簡単にできるので是非挑戦してみてください。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. 変動する住宅ローン金利の適用時期は申込時、融資実行時?

  2. ウォークインクローゼットの収納のコツ

  3. 木製箱型階段・木製ストリップ階段、それぞれの特徴とは?

  4. 給湯設備について

  5. 契約社員・派遣社員が住宅ローンを上手に借りる方法

  6. 住宅の設計をアトリエ系設計事務所の建築士に依頼するメリットは?

  7. 台所の照明を考える

  8. 住宅ローンのフラット35を利用するときの団体信用生命保険に関する注意点

PICKUP

  1. アイランドキッチンが良いわけ

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP