Loading

不動産会社の提携住宅ローンのメリット・デメリット

不動産販売の広告を見るとよく「提携住宅ローン」とよく書かれています。提携住宅ローンとはどのような住宅ローンなのでしょうか。そして、一般的な住宅ローンを利用したときと比較してどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。提携住宅ローンについて解説します。

提携住宅ローンとは

提携住宅ローンとは、不動産を販売する会社と金融機関とが提携している住宅ローンのことです。不動産販売会社は、金融機関にできるだけ早くスムーズに住宅ローンの審査を通してもらいたいと思っています。一方、金融機関はできれば自分のところからたくさん借りて欲しいと思っています。提携することで両社にメリットが生じるので提携住宅ローンが存在しています。

提携住宅ローンのメリット・デメリット

提携住宅ローンは、不動産を購入する人にとってどのようなメリット。デメリットがあるのでしょうか。

1.メリット

住宅ローンの審査を金融機関が行うとき、物件の審査と住宅ローンの借り入れ希望者の審査の2つの審査を行います。提携住宅ローンではあらかじめ物件審査は終わっているので審査期間が短いというメリットがあります。また、不動産販売会社と提携することで多くの住宅ローンを借りる人を紹介してもらえるので金利が少し有利になるように低く設定されています。住宅ローンの説明や書類も不動産販売会社が行ってくれるので、わざわざ金融機関に行って説明や申し込みの書類を手に入れる必要がないのも大きなメリットです。

2.デメリット

提携ローンは一般の住宅ローンよりも金利が優遇されているメリットがあると紹介しましたが、それはあくまでもその金融機関で一般的な住宅ローンを借りる場合です。提携ローンの金融機関よりも有利な金利で住宅ローンが借りられる金融機関があることが考えられます。そのため、無条件に提携ローンの金融機関から住宅ローンを借りると損をします。提携ローンの金融機関から住宅ローンを必ずしも借りる必要はありません。金利をしっかり検討する必要があります。また、諸費用の金額も高額なので金利だけでなく諸費用の比較も大切です。

まとめ

提携住宅ローンと一般の住宅ローンを比較したときのメリット・デメリットについて紹介しました。決して提携ローンが有利であるとはいえないので時間がある限り、しっかり調べるようにしましょう。

関連記事

  1. 階段リフォームの工夫【勾配の見直し編】

  2. 子ども部屋とファブリック

  3. 日本には本当にたくさんの建材メーカーが存在している

  4. 住宅建材における塗装のあれこれ

  5. コンロの数はいくつくらいがいいか

  6. クラソシリーズを造った建築家から学ぶ「家づくりのヒント」

  7. 子ども部屋はいつから必要か?(マンション向き)

  8. 中古住宅を購入するときの住宅ローンについてご説明

PICKUP

  1. アイランドキッチンが良いわけ

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP