Loading

知っておくべき規制「斜線制限」

ある土地に対して、どのような大きさの建物を建てられるかは、建ぺい率、容積率、高さ規制(絶対高さの規制)等で制限されています。これらの制限は一般の人にも理解しやすいと思いますが、もうひとつ知っておくべき規制として「斜線制限」というものがあります。

斜線制限には「道路斜線制限」「隣地斜線制限」「北側斜線制限」の3つがあります。戸建住宅街である、第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域は「道路斜線制限」と「北側斜線制限」の2つがが適用されます。

道路斜線制限とは

道路斜線制限とは、道路周辺の日照、衛生、安全性などを確保するため、建築物の高さが一定勾配の斜線の内側に収まるよう規制されています。道路斜線の起点は、前面道路の反対側の境界線となり、そこから住居系地域は1.25(住居系以外は1.5)の割合で斜線が引かれます。適用される範囲は、前面道路の反対側から20m~35mの範囲で定められています。

北側斜線制限とは

北側斜線制限とは、住居系地域の日照を確保するために、建築物の北側の高さを規制している法律です。真北方向の境界線が隣地境界線の場合は隣地境界線が、道路境界線の場合は前面道路の反対側が境界線の基準線です。

比較的建物が密集している街を歩くと、マンションの上層階だけ壁が斜めになっているのを見かけると思います。これは斜線制限で規制されている範囲内に建物をおさめているからです。住宅を買う際には、このような斜線で規制されている高さ規制もあるのだと知っておいたほうが良いです。でないと「何でこんなデザインになるの?」と思ってしまうかもしれません。

斜線制限いっぱいまでギリギリに建ててしまうと、デザインが良いとは言えない場合が多いように思います。しかし、敷地ギリギリの所まで高い建物を建てることを許してしまうと、北側の敷地の日照には多大な影響を与えますので、仕方ないですね。設計者は斜線制限を守りつつ、デザインの良い建物を設計することが求められていると思います。

画像参照元:IAO竹田設計
https://www.iao.co.jp/
執筆:LIFE STYLE編集部

ーーー
住宅・建築業界のWebマーケティングは新大陸にお任せください!コンテンツマーケティングの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

ーーー

関連記事

  1. 無理のない住宅ローンを組むために注意すべきポイント4選

  2. 実はムダが多い?「アイランドキッチン」

  3. 深い庇と大きな窓のある家

  4. 幸せな暮らしを守る賢い防犯対策とは

  5. 長くすむことを考えると、二世帯住宅のベストな間取りとは? 

  6. 生活感が滲み出ないオープンキッチンのポイント

  7. 建築家に依頼してもローコスト住宅は可能?

  8. 家族の時間を楽しむ対面キッチン

PICKUP

  1. ニッチの作り方と費用

最新の投稿

人気記事ランキング

PAGE TOP