Loading

トップライト(天窓)による効果と、注意すべきことについて

数ある窓の中でも特徴的な窓の一つであるトップライト。トップライトは天窓と呼ばれることもあり、その名の通り屋根部分に設置し天からの光を取り込みます。そんなトップライト(天窓)を作る効果と注意点についてご紹介します。

トップライトによる最大の効果は「明かりとり」

トップライトを作った際の効果は、なんといっても明かりとりとなることでしょう。設計上どうしても暗くなってしまう作りの部屋でも、トップライトを設置することで明るさは大きく改善されます。天井から太陽の光を入れることは想像以上の効果があり、天気の良い日だと非常に明るい快適な空間を作り出すことができます。
完全に明かりとりが目的のものだと開閉はできませんが、トップライトは高い場所にあるので開閉タイプの窓にすれば通風性も高く空気の入れ替えにも効果を発揮してくれることでしょう。

トップライトにおける注意すべき点とは?

一方でトップライトの設置には注意点も存在します。基本的にトップライトは光の入りにくい北向きの屋根に取り付けます。南向きの屋根に取り付けてしまうと日光が強く入り過ぎて暑くてとても居られないような部屋になってしまいます。遮熱性の高いタイプのトップライトも存在はしますが、それだけで完全に防ぐことは不可能なので、やはりトップライトは北向きの屋根に付けるというのは基本的な注意点として覚えておきましょう。
また、屋根に大きな穴をあけて取り付けるわけなので、雨漏れのリスクもゼロではありません。特に勾配の緩い屋根の場合はリスクが高いのですが、屋根に段差を付けて取り付けるタイプのトップライトもあるので勾配が緩い場合はそういった対策をした方が無難だといえます。

まとめ

採光性と通風性に優れた効果を発揮してくれるトップライトですが、リスクがあることもしっかりと把握しておく必要があります。トップライトを設置するのであれば、なるべく定期的に点検・メンテナンスをすることがリスク回避の意味でお勧めです。

執筆者:竹内洋樹

ーーー
住宅・建築業界のWebマーケティングは新大陸にお任せください!コンテンツマーケティングの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

ーーー

関連記事

  1. 昔ながらの良さを持ち、進化も遂げた!! 網戸のすばらしさ

  2. 住宅の設計を組織設計事務所の建築士に依頼するメリットは?

  3. おしゃれで実用的な構造材を利用した棚作り

  4. トイレの床にフローリングはおすすめできない理由

  5. 手抜き工事を防ぐため、現場見学で施主がやるべき何よりも大切なこと

  6. ウォークインクローゼットの収納のコツ

  7. 住宅ローンのさまざまな疑問に明瞭に答えてくれるおすすめの著書

  8. 金利の上限が付いた変動金利型住宅ローンのメリット・デメリット

PICKUP

  1. ニッチの作り方と費用

最新の投稿

人気記事ランキング

PAGE TOP