Loading

無垢材住宅のメリットとデメリット

建築材料として使われる木材には、無垢材や集成材などの種類が存在します。その中でも「良いもの」と思われがちな無垢材ですが、もちろん良いことばかりでもありません。今回はそんな無垢材について、メリットとデメリットをご紹介します。 

無垢材とはどんな木材?

そもそも無垢材とはどんな木材のことなのかと言うと、簡単に言うと「切ったそのままの木材」ということになります。柱や梁などの木材には集成材と呼ばれる複数の木材を接着剤で貼り合わせた材料が使われることが多いのですが、無垢材は貼り合わせではなく伐採した木を柱や梁の形に削って加工しただけの木材となります。 

無垢材を使用するメリット

ではそんな無垢材で家を建てるメリットをご紹介します。まず無垢材は接着剤など人工的なものを使用していないためアトピーやアレルギーなどの心配が集成材より少ないと言えます。そしてやはり木そのものなので調湿効果も高く、木の香りを楽しむこともできるでしょう。木ならではの経年による変化も「味」として楽しめることも魅力です。 

無垢材を使用するデメリット

そんな無垢材ですが、デメリットも存在します。無垢材は生き物なので、湿度により状態が変化してしまうのです。湿度により膨張して床が反ってしまったり、逆に乾燥して材料の継ぎ目に隙間が空いてしまったりと、材料としてはコントロールしにくいという側面があります。そして無垢材は人工的に作られた材料ではないので、木によって色や木目などの見た目が均一ではないということも、気になる人にとってはデメリットだと言えるでしょう。 

まとめ

集成材に比べ価格が高いことが多いことから、無垢材は高級で良いものと思い込んでいる人もいるようですが、無垢材で家を建てるメリットとデメリットをしっかりと理解することが大切です。マイホームに求めることによっては無垢材はお勧めできない場合もあるので、メリットデメリットを把握した上で建築会社と相談してみるといいでしょう。 
 
執筆者:竹内洋樹

関連記事

  1. ユニットバスの入り口は引き戸?開き戸?

  2. 一度使うとやめられない、スマートロック

  3. 来客が多い家庭にお勧めの玄関クローゼットと洗面台の位置について

  4. ちょっと変わったコンセントの種類と使い方

  5. 自宅でもアウトドアでも大活躍! スキレットの魅力とは?

  6. 筋交いはどのように取り付けられているか

  7. 働き盛りに発症するガンに備えて住宅ローンを賢く利用する方法

  8. システムキッチンのワークトップ。理想の高さは何センチ?

PICKUP

  1. コートハウスってどんな家?

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP