Loading

屋根のリフォーム、重視するのは耐久性? コスト?

現在、最も広く用いられている屋根材であるスレートは、年々劣化していくもの。にも関わらず放置しておくと、雨漏りなどの原因となり、家の骨組みなどの大きなダメージの原因となってしまいます。そこで必要となるのが、屋根のリフォームなのですが、様々なリフォームの方法があるものです。

最もコストがかからないのは、再塗装

日光にさらされて起こった、色あせを回復するリフォームが再塗装。見た目がリフレッシュする上に費用が安いというメリットがありますが、問題点は屋根の塗装にはスレートを守るという機能がないこと。壁材のサイディングとは異なり、再塗装によって回復するのは見た目のみ。劣化したスレートの機能が回復するわけではありません。

それでは、ダメになったスレートを修理するという方法はどうでしょうか? 確かに、このリフォームならばそれほどコストはかかりません。しかし、いずれは修理しなかったスレートも劣化してくるもの。そんな場合はまたリフォームが必要となりますから、結局コストがかかってしまうものなのです。

おすすめのリフォームは、カバー工法

屋根全体をリフォームするには、どんな方法があるでしょうか? それは古いスレートを撤去して新しい屋根材を用いる「葺き替え」と、屋根の上からもう一つ新しい屋根を造る「カバー工法」。「葺き替え」ならば、劣化したスレートにかえて、金属など軽量の屋根材を用いることで屋根を軽量化、地震でも安心な屋根にすることができますが、問題はコストが高いこと。古いスレートを撤去・廃棄する費用がかかりますから、どうしても割高なリフォームとなります。

葺き替えよりもコストがかからずに、長い間安心できるリフォームといえば「カバー工法」。劣化したスレートの屋根をまるごと新しい屋根で包んでしまうもので、葺き替えと比較するとコストがかからないのが大きなメリット。しかし、いくら軽量といえど新しく屋根を造った分、屋根の重量が増すことと、スレートの劣化がそれほど激しくない場合にしか用いることができないというのがデメリットになります。

まとめ

スレートの屋根のリフォームが必要になったなら、おすすめの方法は「カバー工法」。既存の屋根の上からもう一つ屋根を造るというもので、比較的コストもかからないのが大きなメリットとなるのです。

執筆:gisinosuke

関連記事

  1. 大手住宅メーカーと地元工務店はどちらが良いか

  2. どっちを選ぶ? 「たたみ」vs「フローリング」

  3. 単なるローコスト系メーカーとは大きな差、アイダ設計

  4. 主な種類と特徴は?建築用ガラス製品について

  5. 木材の性質・特徴などについて

  6. わが家に一工夫、モダンな和室の造り方

  7. 住宅の設計をアトリエ系設計事務所の建築士に依頼するメリットは?

  8. 中庭を作ることによるメリットと、その注意点について

PICKUP

  1. ニッチの作り方と費用

最新の投稿

人気記事ランキング

PAGE TOP