Loading

タフな屋根材でも、リフォームは必要

外壁の耐用年数は15年とか20年、雨風や日光にダメージを受けて年々劣化していくものですが、同様に劣化していくといえば屋根。外壁よりもシビアな環境で家を守っているのですから、屋根にもリフォームが必要になるのは当然なのです。

屋根の耐用年数、目安は30年

現在、最も広く使われている屋根材といえば「コロニアル」とも呼ばれる「スレート材」。軽量、安価、バリエーションが豊富と非常に優れた特長がある一方で、避けられないのが経年劣化。雨風や日光にさらされている内に、確実にダメージは進行していきます。

一般にスレート屋根の耐用年数は30年程度。ただし、家が建っている環境は千差万別、海沿いや降雪地帯など、より厳しい環境で使われているスレート屋根の場合、15年程度でリフォームが必要になってしまうのです。

また、スレート材以前によく使われていた建材といえば「セメント瓦」。固めたセメントに塗装を施したもので、こちらも経年劣化が避けられないもの。耐用年数は20~30年程度、こちらもリフォームが必要となるのです。

耐用年数が長い陶器瓦でもリフォームは必要

一方で、非常に古くから使われている屋根材といえば「陶器瓦」。焼き物で作られた瓦は非常に耐用年数が長いことで知られているのですが、陶器瓦の屋根だからといって、リフォームと無縁ではありません。なぜなら、瓦以外の屋根の部位が経年で劣化を起こすから。「雨押え板金」など金属製の部位は20年程度でリフォームしなければならないのです。

また屋根瓦は耐用年数が長いという長所を持っている一方で、非常に重いという弱点もあります。重い屋根は住宅の骨組みに大きな負担をかけますし、地震が起こった場合には心配なもの。陶器瓦を撤去して、軽量のスレートなどで葺きなおすリフォームも近年では一般的になりつつあります。

まとめ

どんなにスレート材やセメント瓦など、タフな屋根材といえども経年劣化は避けられませんから、それに応じたリフォームが必要なもの。雨漏りが起こってしまってからでは、修理料金が高額になりがちですから、前もってのリフォームをおすすめします。

その目安はスレート材なら築30年、住宅メーカーやリフォーム業者による無料点検を受けてみましょう。

執筆:gisinosuke

関連記事

  1. リフォームの目的を明確にしよう!

  2. ニッチの作り方と費用

  3. 外壁をタイルにすることのメリットとデメリット

  4. 住まいの気になる「臭い」とは?

  5. どっちを選ぶ? 「鉄筋」vs「木造」

  6. 金融機関が自営業者に対して住宅ローンの融資を行うか否かを判断する際、最も重視して審査するポイント

  7. リノベーションをする際に金利が魅力な「フラット35リノベ」について

  8. どっちを選ぶ? 「注文住宅」vs「建売住宅」

PICKUP

  1. ニッチの作り方と費用

最新の投稿

人気記事ランキング

PAGE TOP