Loading

あなたならどうする?! 外壁リフォームの塗料選び

外壁塗装を頼む場合に困ってしまうのが、塗料の選択。カラーは家の印象を大きく左右しますから慎重になるのは当然として、ここでとりあげたいのは「◯◯系」と呼ばれる、塗料の性質について。リフォーム費用にも、次の再塗装までの期間にも大きく影響するのです。

現在、最もよく使われるのが「シリコン系」

昔の外壁の塗装でよく用いられていたのが「ウレタン系」と呼ばれる塗料です。メリットは塗料の価格が安い点なのですが、そのかわりに耐用年数が10年程度と短いのがデメリット、現在ではあまり用いられなくなっています。

そんなウレタン系のかわりに現在定番になったのが「シリコン系」の塗料。雨や日光にも強い割には、価格も安いのでコストパフォーマンスがすぐれているというメリットがあります。塗料の価格は1平方mあたり3,000円、耐用年数は15年が目安となっています。

予算に余裕があるならば、選ぶべきは「フッ素系」

ただし、シリコン系塗料のデメリットはツヤ消しなどカラーのバリエーションが少ないこと。高級感がある仕上がりと、さらに長い耐用年数を希望するならば「フッ素」系と呼ばれる塗料を選ぶと良いでしょう。

フッ素系塗料の耐用年数は20年程度。加えて雨水で、外壁の表面に付いた汚れが落ちやすく、カビやコケも生えにくいという、優れた特性も持っています。しかしデメリットは、塗料の単価が高いこと。1平方mあたり5,000円程度ですから、シリコン系と比較すると倍近くかかってしまうのです。

まとめ

定番のシリコン系にするか、耐用年数が長くカラーのバリエーションも豊富なフッ素系にするか、非常に悩ましいところです。しかし外壁塗装をおこなう場合の料金で大きな割合を占めるのは、高所作業用の足場代と職人さんたちの人件費。これらは、どちらの塗料を選んでも変わらないのです。

ならば、塗料代が高くなっても耐用年数が長いフッ素系。そんな風に考えるてみるのはいかがでしょうか? 一度塗ってしまったら、長い間付き合わなければいけないのが外壁。高額な塗料を使う分、カラー選びはより慎重にならざるを得ませんが。

執筆:gisinosuke

関連記事

  1. これからの時代の家に求められる大切な条件とは?

  2. 素材感が重要!インダストリアルヴィンテージなリフォーム

  3. 一戸建てリフォームでできることできないこと

  4. 省エネ住宅の新しい指標「BELS」とは?

  5. リフォームの際の建築確認

  6. コストパフォーマンスに優れた輸入住宅なら、ミルクリーク

  7. 冬に向けて薪ストーブ導入をじっくり考えてみる

  8. 省エネ住宅を考えるなら、まず間取りの検討から

PICKUP

  1. トイレリフォームの注意点

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP