Loading

耐震性の高い住宅設計を追求することによってわかった、もう一つの意外なメリット

地震など自然災害の多い日本では、安全性に優れた丈夫な家が好まれます。近年では様々な手法で耐震性の高い住宅が設計されていますが、基本的なデザインとして丈夫な家とはどういった家なのでしょうか。丈夫な家の形を追い求めると、意外なメリットまでわかってきました。

丈夫な家の形とは、ずばり「四角形の家」

丈夫な家の形とは、ずばり「四角形の家」です。凸凹していない四角形のデザインであれば、自然と柱や壁が1階と2階の同じところにあることが多くなり安定感があります。1階が窓になっているところに2階の柱がある場合を想像すると、柱が同じ位置にあった方がしっかりと2階の重量を支えられるということがわかると思います。凸凹が多いとその分不安定になり、設計ミスや施工ミスなどの欠陥住宅に繋がるリスクが大きくなるともいえるでしょう。

丈夫なだけじゃない!四角形の家におけるもう一つのメリット

四角形の家には丈夫なこと以外にもメリットがあります。それは安く建てられるということです。複雑なデザインで凸凹な家になると、その分壁が増えることになるので施工費や材料費が高くなります。その点で四角形の家はシンプルなので施工費も安く、無駄に材料費もかからないのでコストを抑えられるというメリットも出てくるのです。耐震性の高い丈夫な家を安く建てられるということで、四角形の家は一石二鳥な家だといえるでしょう。また、シンプルな四角形のデザインはモダンなデザインでもあるので、意外とデザイン性にも優れている造りだといえます。

まとめ

大きな地震や津波などで壊滅的な被害が出たときに、奇跡的に原型を留めていることがある家は四角形の家であることが多いのは事実です。シンプルな発想ではありますが、やはり複雑化すればするほど強度の面では不安定な部分が多くなります。きちんとした設計がされていれば凸凹な家でも強度は十分にありますが、より丈夫な家を求めるのであれば四角形の家はお勧めです。

執筆者:竹内洋樹

ーーー
住宅・建築業界のWebマーケティングは新大陸にお任せください!コンテンツマーケティングの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

ーーー

関連記事

  1. 小さく暮らすがちょうどいい。減築という選択肢

  2. 日当たりの悪い部屋を明るい部屋に変える方法

  3. 建築家が行う「監理」ってどういう意味?

  4. 使い終わったら捨てるだけなんて勿体無い! ダンボールの可能性を考える!

  5. 長くすむことを考えると、二世帯住宅のベストな間取りとは? 

  6. 床仕上げ材について

  7. 電気スイッチの種類と選び方について

  8. 中古住宅の住宅ローンは期間や諸費用などは新築住宅と異なる?

PICKUP

  1. コートハウスってどんな家?

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP