Loading

価格を限界まで抑えた「ローコスト住宅」が成り立つ仕組み

多くの人にとってマイホーム購入で大きなネックとなるのが価格だと思います。その価格を限界まで抑えたローコスト住宅という家をご存じでしょうか。ローコストハウスメーカーと呼ばれる会社が販売しているのですが、やはり気になるのは品質面です。「安かろう悪かろう」という意識がどうしても働いてしまいますが、ローコスト住宅がなぜ成り立っているのかを理解すればその答えもわかってくるでしょう。

設計が規格化されている点

ローコスト住宅は設計が規格化されていることがほとんどです。間取りやデザインは決められた種類の中から選択することになり、そのデザインは正方形や長方形であることが多いのが特徴です。凸凹した設計だとどうしても施工費が高くなるので、ローコストにこだわるとシンプルな設計になるのは納得です。また、家自体のサイズも小さいことが多く、狭い土地に小さくてシンプルな家を建てたい場合にローコスト住宅は良い選択肢だといえるでしょう。

ローコスト住宅における注意すべき点とは

小さくてシンプルな家づくりに向いているローコスト住宅ですが、注意しなければいけないことも存在します。まず一つがオプションを付け過ぎないことです。ローコストが故にシンプル過ぎて物足りず、オプションをあれこれと付けてしまっては結局あまり安くならなかったということになりかねません。

そしてもう一つ、一般的な住宅と比べて耐久性に劣ることも納得して購入しなければなりません。やはりコストを抑えるために最低限の品質の材料を使用していることが多く、早めに劣化が始まることが予想されます。ローコスト住宅を購入する際には修繕費のこともよく考慮しておく必要があるでしょう。

まとめ

安くできるにはそれなりの理由があり、その理由をしっかりと理解した上でローコスト住宅を検討しましょう。もちろん安いからといって欠陥住宅だというわけではありませんので、自分の理想とうまくマッチするのであればローコスト住宅を選ぶ価値は十分にあると思います。納得のできる家を安く購入できるのであればそれに越したことはないですからね。

執筆者:竹内洋樹

ーーー
住宅・建築業界のWebマーケティングは新大陸にお任せください!コンテンツマーケティングの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

ーーー

関連記事

  1. 木製箱型階段・木製ストリップ階段、それぞれの特徴とは?

  2. 主な種類と特徴は?建築用ガラス製品について

  3. 地鎮祭や上棟式は減少傾向

  4. 住宅ローンの借り過ぎに注意、ローン返済が負担だと感じる人の割合は約7割!

  5. リフォーム工事完了時の注意点

  6. 建築家の設計は意匠、機能的に優れている?

  7. 駐車場から玄関への動線は意外と重要

  8. ウォークインクローゼットの基礎知識

PICKUP

  1. アイランドキッチンが良いわけ

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP