Loading

洗面台を2つ設置

朝のトイレや洗面台というのは家族が身支度を整える時間が重なり使いたいときに使えない場合があります。小さなことのようですが、そういったストレスをなくすリフォームで毎日の暮らしがグッと快適になるのです。トイレは1階と2階にそれぞれ設置する家庭が増えていますが洗面台はどうでしょうか。洗面台を2つ設置するメリットデメリットを知っておきましょう。

洗面台が2つあると何が良い?

洗面所にボールが2つあると朝の身支度がスムーズに行えます。家族が多い家庭はもちろん、そうでなくても1つの洗面ボールで洗濯のつけ置きをしていてももう一つの洗面ボールがあれば混みあうことなく使用することができます。洗面所は毎日家族が使う場所だからこそ、利便性を考えて快適なスペースにしておきたいものです。

また洗面ボールが2つある洗面台は既製の洗面化粧台という選択肢だけでなく造作することでより使いやすくおしゃれにすることができます。カウンターにお気に入りの洗面ボールを設置し、スタイリッシュな水栓金具を取り付ければオリジナリティのある洗面ユーティリティが完成します。

洗面台2つ設置の注意点

洗面台を2つ設置する場合は通常よりもスペースが必要です。一般的な洗面化粧台が60cm、75cmだとすると単純に考えても2倍のスペースが必要になります。洗面所が1坪の大きさの場合部屋の一辺は180cmほどです。洗面ボールが2つある洗面台を設置してしまうとローカからの開口部、お風呂場へのドアの位置を考えれば、洗濯機を置くスペースがとれなくなってしまいます。洗面所に洗濯機も設置する場合は1坪以上の広さを確保する必要があります。またボールが2つになると掃除の手間も増えてしまいます。水回りをきれい長持ちさせる秘訣はこまめなお手入れが重要ですから、洗面台を2つ設置する場合はお手入れのしやすいものを選ぶことがポイントです。

まとめ

利便性を考えて洗面台を2つ設置することは暮らしやすさにつながります。しかし限られたスペースで洗面所を広く取ってしまうと他のスペースで妥協をしなければならないかもしれません。造作で洗面ボール2つの洗面台を作ったり、収納も収納スペースも有効活用できるようなレイアウトで総合的に考えることが大切です。

執筆者:y.k

関連記事

  1. .子ども部屋を確保できない時の対策

  2. 家事の動線にこだわった合理的な家を建てよう

  3. キッチンは広ければいいというものではない理由

  4. 寝室の壁の色~「茶色」のもたらす意味とは

  5. 新築住宅購入者の平均年齢と収入額について

  6. 建築家との家づくりを知りたい。気軽に情報収集する方法は?

  7. カーテンボックスは天井埋込み型で窓まわりをすっきりさせよう

  8. 金融機関が自営業者に対して住宅ローンの融資を行うか否かを判断する際、最も重視して審査するポイント

PICKUP

  1. ニッチの作り方と費用

最新の投稿

人気記事ランキング

PAGE TOP