Loading

そんなにメリットはたくさんあるの? 長期優良住宅

親から子へ、そして孫へと引き継がれていく住宅。日本の住宅は海外と比べて寿命が短いことを受けて、長期優良住宅の制度が整えられてずいぶんたちます。耐震性が高いとか、劣化しにくいとか、良い点が数多くある上に、減税効果もありますので大人気。今や長期優良住宅でなければ、住宅ではないといわんばかりなのです。しかし、そこまで長期優良住宅とは優れたものなのでしょうか?

長持ちする住宅がベストとは限らない

一代で家は建て替えるもの。確かに高度成長期ならば、こんな考え方も正しかったのかもしれません。しかし、今は昔ほどの経済成長も見込めませんから、30年ほどで家を建て替えるというのは時代にそぐわないのです。だからといって、長期優良住宅を建てるメリットは本当にあるのでしょうか?

長期優良住宅は建築コストもかかりますし、申請に時間とコストもかかるもの。「減税でフォローしますから、割高な住宅を建ててくださいね」という考え方だと長期優良住宅を見ることもできるのです。

これらが長期優良住宅のデメリット

そもそも長期優良住宅の基準をクリアしていなくても、日本の住宅の耐震性が低いか? と考えると、決してそうではありません。他の国の基準から見ても日本の建築基準法は、耐震性や防火性という点で見る限り非常に厳しいもの。建築基準法をクリアしている以上、充分優良な住宅と考えることもできるのです。

加えて長期優良住宅は定期的な点検・補修が義務付けられているもの。一旦建ててしまったら、それで長期優良住宅ならではの性能が維持されるか? というと決してそうではなく、建ててからもお金がかかるのも長期優良住宅なのです。

また、お金がかかっている長期優良住宅だからといって手放す際に高く売れるか? というと、疑問なのもの問題点。長持ちする住宅だからといって、市場が必ずしも評価してくれないのが長期優良住宅でもあります。

まとめ

子どもが生まれ育った地を離れるかもしれない。このように考えるならば、住宅は代々受け継ぐ必要もないはず、ならば長期優住宅は単に割高な住宅とも感じてしまいます。しかし、家族の形態は年を経るにしたがって変わることから考えると、リフォームがしやすいなどのメリットを持つ長期優良住宅の魅力はゼロではありません。住宅は一方向からだけでなく、多角的な面から検討したいもの。長期優良住宅についても例外ではありません。

執筆:gisinosuke

関連記事

  1. 建築基準法で言う「建築」とは

  2. 寝室と昼白色

  3. ローコストメーカーの代表格、タマホーム

  4. かかる、かからない? 地盤改良費用

  5. 主な種類と特徴は?建築用ガラス製品について

  6. 巨大住宅設備メーカー「LIXIL」の家、アイフルホーム

  7. 往路ついでにしまえる通路脇収納が便利

  8. 新建材や新工法には慎重な判断を

PICKUP

  1. システムキッチンの選び方

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP