Loading

伝統的な外光の取り入れ方、障子

和室や小上がり、土間など日本に昔からある住宅のアイデアを新築の家に取り入れる。これで、ずいぶん暮らしが豊かになるものなのですが、今回、取り上げたいのは障子(しょうじ)について。障子を通して入ってくる外光のやわらかさや、直線的な桟(さん)が生み出すモダンな雰囲気など、障子ならではの良い点はいっぱい。洋風の家だからといって、障子のアイデアを捨ててしまうのは、あまりにもったいないものです。

障子ならではのメリットを考える

障子を通して入ってくる光の強さは、半分程度に弱められます。夏場の強い光も均一に柔らかくする障子ならではの効果は、カーテンではなかなか得られないものです。

また、プライバシーをしっかり守ってくれるのも障子ならでは。通りに面した部屋などに設置すれば、外からの視線も全く気にならなくなるもの。景色を楽しみたければ、下の部分を開閉することができる「雪見障子」を採用するという方法もあります。

また、障子ならではのモダンさも捨てがたいもの。桟の直線により構成されるスッキリとしたデザインは、インテリア的にも出色のもの。カーテンでは出せないシャープなラインを窓に加えることで、部屋の雰囲気をモダンにするのです。バリエーションも数多いので洋室にもマッチする障子を見つけることができるでしょう。

障子の良さは、ほかにもある!!

障子ならではの断熱や防音の効果も見逃せません。もちろんガラス窓ほどのものは望めませんが、カーテンより数段上の断熱・防音効果があるプラスチック製の障子紙も販売されています。

そして、部屋の間仕切りにも最適なのが障子。リビングの一角に設けた小上がりスペースを障子で仕切ってやれば、よりプライベート感が増すもの。来客用の簡易和室として小上がりを使うということも、障子の間仕切りを採用することでできてしまうのです。

まとめ

洋風の生活で忘れられがちになっている、日本ならではの障子。以上のようにメリットは非常に多くあるもの、これを取り入れないでおくのは非常にもったいないことのように感じます。近年では、障子のバリエーションも豊富に用意されていますから、きっとピッタリのものも見つかるはず。豊かな生活に欠かせない和のアイデア、障子を取り入れることをぜひご検討ください。

執筆:gisinosuke

関連記事

  1. 「子ども部屋はいらない」という意見について

  2. 自分が住まないと利用できない住宅ローンを家族が住む住宅に使う方法

  3. 階段の広さと距離

  4. キッチンコンロは「週5回」掃除するが3割

  5. 省エネ住宅を考えるなら、まず間取りの検討から

  6. 床を大理石にするメリットとデメリットについて

  7. 生活感が滲み出ないオープンキッチンのポイント

  8. ウォークインクローゼットの基礎知識

PICKUP

  1. コートハウスってどんな家?

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP