Loading

畳ならではのくつろをリビングに加える、小上がり

居酒屋などでよくある「小上がり」スペース。靴を脱いでくつろげますし、プライベート感もある。小規模なグループや家族づれにとって嬉しいものです。そんな畳敷きの小上がりを、リビングに設けるケースが近年増えています。

洋室に畳スペースを同居させる方法は?

フローリングの洋室が一般的になったとはいえ、日本人にとってやはり畳は馴染みが深いもの。床に直接腰を下ろせるとか、そのまま横になれるとか、畳ならではのリラックス感はやはり捨てがたいのです。とりわけ幼い子どもがいるケース、昼寝をさせたり、おむつを替えたりといった世話で、畳は非常に重宝します。

でもリビングはフローリングの洋室にしたい。そんなケースで検討したいのが小上がりスペース。部屋の一角を一段高くして畳を敷くと、リラックスできる空間が完成。日本人なら、小上がりにありがたみを感じるもの。小上がりの下部は収納になっていたりしますから、スペースの有効活用にもなります。

来客用に和室を設けたいけれど、延床面積的に難しい。こんなケースでも小上がりは使えるもの。直接布団を敷いてしまえば、寝室に早変わり。かさばる来客用の寝具を小上がりの下に収納しておくのは、非常に合理的です。

小上がりにもある、デメリット

しかし、小上がりを設けても良いことばかりあるわけではありません。特にバリアフリーという点からみると、小上がりは大きな問題。子どもが落ちたらとか、つまづいたらとか、部屋の中の巨大な障害物と見てしまうと、結構不都合も多いものなのです。

そんなことも考えてか、近年、いくつかのメーカーから販売されているのが、後付けの小上がり。1畳ほどの大きなボックス状の小上がりをフローリングのリビングに置くだけで、リラックススペースが完成。もちろん収納も兼ねていますし、不要になったら撤去もカンタン。価格も1万円程度と意外に安価です。

まとめ

小上がりは非常に使い勝手がよいもので、スペースの有効活用にもつながるもの。狭い家を広く使うのにも有効な工夫です。しかしメリットばかりではないのが小上がり、もちろんデメリットもありますから導入は慎重に。また導入に迷っているならば、後付けという手もありますので、こちらも検討してみてください。

執筆:gisinosuke

関連記事

  1. 玄関にシューズクロークが便利なわけ

  2. 家事の動線にこだわった合理的な家を建てよう

  3. 二世帯住宅を建てるときに気をつけたい住宅ローン2つの注意点

  4. あなたならどうする?! 外壁リフォームの塗料選び

  5. フラット35・20を組み合わせるダブルフラットは柔軟な返済が可能

  6. 宅配ボックスについて

  7. キッチンのワークトップ~ステンレス

  8. 浴槽レベルを下げて温泉のような浴室をつくろう

PICKUP

  1. アイランドキッチンが良いわけ

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP