Loading

それでも対面型キッチンを選んでしまうのですか?

アイランド型とかペニンシュラ型とか。シンクやワークスペースが壁から離れてレイアウトされている、対面型のキッチンが流行しています。でも、なぜ対面型のキッチンを選ぶのでしょうか? キッチンに立つ人がリビングやダイニングの会話に入りやすいとか、壁に向かって作業する孤独感がないとか。そんなことを聞きますが、本当にそれだけで対面型のキッチンを選んでしまうのですか?

壁面キッチンの数多いメリットとは

壁面にレイアウトされたキッチン、何となく古臭いイメージがあります。しかし、長い間採用されてきたレイアウトだけあって優れた点も多いものです。

メリットとしてまずあげられるのは、スペースの有効活用ができる点です。キッチンの背面にダイニングテーブルをレイアウトできるのでスペースのムダがありません。次にあげられるメリットは、作業動線が効率的なこと。壁面レイアウトなら作業中の移動はすべて平行、体を180度入れ替える必要がありません。

また、ニオイや汚れがリビングまで到達しにくいというのもメリットの一つ。壁面レイアウトなら換気扇まわりにワークスペースが集中していますし、洗い物で跳ねた水は壁に付くもの。対面キッチンだと、こうはいきません。

キッチン選びは何を重視すべきなのか

確かに対面型レイアウトのキッチンは見た目もカッコイイものです。しかし、キッチン選びで重視すべき点はほかにもあるもの。

例えばワークスペースの高さはどうなのか? 毎日立って作業することになるキッチンですから、高さにこだわって選ぶのは大切。数cm高さが違うだけで疲労度が全く違うもの。最近では数cm間隔で高さを調節できるキッチンも販売されています。

また、カラーコーディネートはどうなのか? パネルの質感はどうなのか? これらもキッチンを選ぶ上での重要なポイント。心地よいスペースでの料理は、はかどるもの。ならば、雰囲気作りも大切です。

まとめ

流行りだから、こんな理由で対面キッチンを選ぶ人があまりにも多いので、あえてデメリットを数多く書き出してみました。一方でメリットは数少ない、それが対面キッチン、そんなことにこだわっているぐらいならば、もっとキッチンを使いやすく、居心地を良くするポイントは他にあるのでは? そんな風に考えるのですがいかがでしょうか。

執筆:gisinosuke

関連記事

  1. 建築家は、小さな建物を設計しない?

  2. 手抜き工事を防ぐため、現場見学で施主がやるべき何よりも大切なこと

  3. 窓が多い部屋のメリットとデメリットについて

  4. 冬場に家を建築するときの注意点

  5. ペット専用扉をつくっていつでも出入り可能にしよう

  6. 女性なら利用したい女性に魅力的な住宅ローン

  7. 宅配ボックスについて

  8. リフォームにするか、建て替えにするか。求める内容によって変わる選択肢

PICKUP

  1. アイランドキッチンが良いわけ

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP