Loading

洗面所リフォームのポイント

洗面所をリフォームするとき、洗面台だけの入れ替えを行う場合と床材や壁紙なども張り替え、室内全体をリフォームする場合があります。洗面所をリフォームする場合の押さえておきたいポイントをご紹介します。

洗面台の種類と選び方

洗面台では顔を洗って、歯磨きをし、メイクやひげそりなどのスキンケア、洗濯物の手洗いや掃除道具の使用など多用な使い方をする場所です。洗面台の水栓やキャビネットの使い勝手、ボウルの形状や鏡部分の収納など使い方によっては選び方もかわります。タオル類や下着類も洗面所に収納したい場合は、システム洗面を採用し洗面台とセットになった収納を取り入れると、統一感があり効率的な収納スペースも得られます。造作で洗面台を作るなら、お気に入りのタイルやカウンター材、デザイン性の高いボウルや水栓を導入することも可能です。どのような使い方で何を収納したいかを考え、洗面台を選ぶことが大切です。

洗面所の床材や壁紙の張り替えのタイミング

洗面台が経年劣化しているということは、洗面所内の壁紙や床材も年数が経っているかもしれません。洗面所には狭い室内に洗面台や洗濯機などが置かれており、それらは給排水と繋がっているうえ壁に固定されている場合もあります。自分では動かすことが難しいものですので、洗面台を入れ替えるタイミングで壁紙や床材のことも考えておきましょう。

床材は洗面台や洗濯機を退かして張り込み、壁紙も洗面台で隠れる部分も貼っておきたいものです。今後洗面台が壊れ、また入れ替えることになった場合、選んだものによっては今は隠れている壁や床が見えてくる可能性もあります。その時になっても既存の壁紙や床材と同じ色柄があるとも限りません。ですので、壁紙や床材はなるべく洗面台で隠れる部分も同様に張り替えを行っておくことが懸命です。

まとめ

洗面台を取り換えるタイミングは洗面所のリフォームのタイミングです。新築後一度もリフォームを行っていないのであれば、床や壁紙も同じタイミングでリフォームをしておくと、あとで壁紙の張り替えだけのために洗面台を脱着しなければならない、ということにはなりません。部分的なリフォームでも総合的に判断をして無駄のないように考えることが結果的に費用を抑えることにも繋がるのです。

執筆者:y.k

関連記事

  1. リフォームにするか、建て替えにするか。求める内容によって変わる選択肢

  2. 建築家と施工会社の関係性とは?

  3. 建築家に依頼してもローコスト住宅は可能?

  4. アイランド型キッチンのメリットと特徴

  5. 漆喰壁の色は選べるの?

  6. 建築家に設計を依頼すると設計料はどのくらい必要?

  7. 駐車場スペースを設ける際に、注意しておくべきことをご紹介

  8. カーローンがあると住宅ローンの融資額が数百万円も減額される理由

PICKUP

  1. アイランドキッチンが良いわけ

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP