Loading

リフォームの工事時の注意点

リフォームのプランニングや金額的な合意が得られればいよいよ契約です。業者とは工事の大小にかかわらず契約書を交わしておきましょう。契約の際に確認すること、そして工事が始まる事前準備などやっておきべきことを知っておきましょう。

リフォーム工事請負契約書を交わす

リフォームの工事請負契約書の内容をしっかりと確認しましょう。契約書には工期、請負者、請負金額、工事内容、工事請負契約約款、支払い方法などが記載されています。工期についてはいつから着工していつまでの工事期間かを工事工程表とともに確認できることが最良です。片づけなどの準備期間も考えなければなりませんので、余裕をもった工期が望ましいです。請負者の所在地や社印なども記載もれがないか、請負金額は別途追加費用がかからないかの確認、見積書や約款などの添付書類、支払いは契約金、中間金、完成後など具体的に話し合ったおきましょう。

工事着工前の事前準備

工事契約が無事に終われば、着工前の準備にとりかかります。工事部分の家財の整理や片づけなど受け入れ準備は施主側で行わなければなりません。仮住まいが必要な場合は引っ越しも必要になるでしょう。住みながらのリフォームでも工事業者が作業をしやすい環境を作ることが、工期を延ばさない秘訣にもなりますので出来る範囲で準備をしておきましょう。

また工事中は工事車両の出入りや騒音、埃などの発生で近隣に迷惑をかけるかもしれません。ご近所へのあいさつは業者側も行ってくれるところが多いですが、自身でもご近所にひと声かけておきましょう。マンションの場合は管理組合に届けをだし、共用部分の使用や資材の搬入などの許可をとっておく必要があります。

まとめ

工事請負契約を済ませたら、施主側の着工準備も必要です。スムーズに工事を行えるように協力することがリフォームを成功させるコツでもありますので、できることは事前に準備をし着工に備えるようにしておきましょう。

執筆者:y.k

関連記事

  1. リフォームの資金計画について

  2. 耐震性の高い住宅設計を追求することによってわかった、もう一つの意外なメリット

  3. 天井を高くして梁を見せるリフォーム

  4. 植物を取り入れた部屋づくりの方法

  5. 塗装を選ぶ時に考慮するポイントは?

  6. 小さく暮らすがちょうどいい。減築という選択肢

  7. 求めるポイントで決める「建て替え」と「リフォーム」

  8. 健康に暮らすために、こだわりたい住まいの断熱材

PICKUP

  1. コートハウスってどんな家?

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP