Loading

メリット・デメリットは?木造軸組構法におけるあれこれ

建築工法には様々な種類がありますが、日本の一般住宅において最も代表的なのが「木造軸組構法」です。在来工法や伝統工法とも呼ばれ、多くのハウスメーカーや工務店が採用しています。昔ながらの工法なので実績のある信頼性の高い工法だといえます。今回はこの木造軸組構法のメリットとデメリットをご紹介します。

「設計の自由度」が高い木造軸組構法

木造軸組構法はメリットの多い工法だといえます。その最大のメリットは「設計の自由度」の高さです。将来的なリフォームのことも考えると、ツーバイフォー工法などと比べ制限の少ない木造軸組構法はお勧めの工法となります。最も一般的な工法なだけにほとんどの工務店で対応可能なこともメリットだといえるでしょう。将来リフォームする際に業者選びに困ることもないと思います。

技術的には柱や梁を化粧材として表に出す真壁造りも可能です。昔ながらの和風なデザインにはこの工法が使われます。木造軸組構法は職人さんにとっても昔から慣れ親しんだ基本的な技術なので、スムーズな施工が行われることでしょう。

大工の手間賃が多くなるという事実

では木造軸組構法のデメリットとはどういったところでしょうか。基本的に大きなデメリットは感じられませんが、ツーバイフォー住宅と比べると工期が長く必要であったり大工の手間賃が多くなるのは事実です。また、真壁造りなど職人の技術が求められる設計にした場合、施工をする職人によって完成度に差が出やすいということもいえるでしょう。しかし近年主流の洋風住宅の設計であれば、職人の技術差はそこまで顕著に表れることはないでしょう。

まとめ

多くの人がこの木造軸組構法でのマイホーム建築を検討することになると思いますが、元大工の筆者としても最もお勧めの工法です。費用を安く抑えることでは他の工法に劣りますが、設計の自由度や将来的なことを考慮すると、多少高くついても木造軸組構法は最もつぶしのきくお勧め工法です。

執筆者:竹内洋樹

ーーー
住宅・建築業界のWebマーケティングは新大陸にお任せください!コンテンツマーケティングの企画・制作から投稿実務、効果のフィードバックまでオールインワンで貴社のマーケティングを支援します!
資料請求はこちらから

ーーー

関連記事

  1. 住宅ローンの融資額が減る携帯電話のクレジット払いに注意

  2. 人気の中庭を作る前に知っておくべき注意点とは

  3. 寝室の壁の色~「緑」のもたらす意味とは

  4. 斜線制限について

  5. 自営業者が住宅ローンを借りるときの審査のポイントは税金

  6. ウォークインクローゼットの広さの目安とは

  7. 住宅ローンの変動金利を銀行や住宅販売業者が勧める理由とは?

  8. 養生方法1つから見極める、職人の質と付き合い方

PICKUP

  1. コートハウスってどんな家?

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP