Loading

心地よく暮らすための照明テクニック

家に帰ってあかりをつけると、忙しく張りつめていた気持ちがほっと安らぐことがあります。実は照明には部屋を照らすだけではなく、心に与える影響も大きいといわれています。電球色のあかりにはあたたかみがあり、白いあかりの昼白色には爽やかで気持ちを引き締める印象があります。照明の使いかたで使い勝手がよく居心地も良い空間を手に入れることができるのです。

参考になるのはホテルの部屋

ホテルというのは限られた空間で食事をしたり、テレビを見て寛いだり、仕事に集中したり眠ったりと生活の大部分をひと部屋でまかないます。そんな限られたスペースには心地よく暮らすための照明テクニックがたくさん盛り込まれています。

掃除やベッドメイキングをするには薄暗い照明は作業が捗りません。天井には全体をくまなく照らせるダウンライトやシーリングライトが必ず付いており、ソファやベッドのそばには柔らかな落ち着いた雰囲気を演出できるフロアースタンド。デスクには読書や書き物などの作業が集中できるようスタンドが設置してあります。

夜中にトイレにいくのに眩しすぎないフットライトや絵画やインテリアを見せるためのスポットライト。ダイニングテーブルがあるホテルの一室には、テーブルの上の食事をキレイに見せるためのペンダントライトがあるでしょう。

このようにホテルという狭い一室のなかに照明テクニックを取り入れることで、さまざまな生活のシーンを演出しているのです。

心が落ち着くあかりとは

自宅でゆったりとした落ち着いた時間を過ごしたいとき、光源を低い位置にすることで緊張感は緩和します。フロアライトやペンダントライトで床面を照らしたり、調光式の照明器具で明るさではなく暗さをコントロールすることがコツです。

人間は本来太陽が昇ると活発に動き、日が暮れると安静状態になる生き物ですから明るさや暗さをコントロールすることで落ち着ける空間を作ることができます。

まとめ

照明器具の機種や照らし方などの照明テクニックを上手に使えば、機能や目的に応じた、心地よい住まいづくりができるのではないでしょうか。

執筆者:y.k

関連記事

  1. マンションをリフォームする際に知っておくべきこと

  2. カーテンの素材

  3. パントリーを考える~有益な生活スタイル、不要な生活スタイル

  4. 延床面積が狭い家を、広く見せるコツ

  5. 夫婦と子ども2人で暮らす家の適正な間取り

  6. 「子ども部屋はいらない」という意見について

  7. 新築工事の工期は、建築会社によって様々である 

  8. どのようなリフォームがあるの?その種類をご紹介②

PICKUP

  1. アイランドキッチンが良いわけ

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP