Loading

暮らしやすさをもたらす回遊動線

住まいでの暮らしやすさというのは、家事の効率や動線のスムーズさがとても大切です。玄関から買い物した荷物をキッチンまで運び、上着を脱いでリビングのエアコンを付ける。そこに暮らす人々の動きが行き止まりに当たり、引き返すという無駄な動作のないように回遊動線のある間取りが暮らしやすさをもたらします。

回遊動線のポイント

家事を担っている女性はキッチンで食事を作り、洗濯をして干す。お風呂を洗い家中の掃除機をかけてトイレの掃除をする。そのような一連の動きを絶え間なく行っています。リビングから水廻り、収納部屋などへの動作が一方通行ではなく、2方向からアクセスでき、ぐるぐると家の中を歩き回ることができれば、玄関からキッチンへの移動にリビングを通らずパントリーを経由してアクセスすることができます。

また、洗濯物を干すためにわざわざ別の部屋から外へ出なくてもいいように、洗面所から勝手口への動線をスムーズに考えることで、使いやすくとても無駄のない動線になります。このように家の中を回遊できる動線にすることが家事への負担を減らすポイントです。

些細な動きが家事の負担を減らす

家事の一連の動きというのは、一つの動きに対する時間はわずかですが、積み重なると大きなものです。行ったり来たりしない家事動線が生まれることで、日々の家事が効率的に行え、結果的にスッキリとした空間を保ちながら暮らすことに繋がります。

できるだけ家の中の行き止まりを少なくし、キッチンやリビングを中心とした部屋から各部屋への移動距離を短くしたり、家の中をぐるっと回れる間取りにすることで、忙しい女性の家事の向上に繋がると言えます。

まとめ

新築やリフォームで間取りを考えるときは、家事での動きを想像することが大切です。キッチンやお風呂、トイレなどの水廻りはなるべく近くに配置しつつ、パントリーや納戸などの収納も隣接させる。それぞれのスペースへの移動をなるべくスムーズに、行き止まりなくアクセスできるように回遊動線を取り入れることで、暮らしやすい家づくりができるのではないでしょうか。

執筆者:Y.K

関連記事

  1. カーローンがあると住宅ローンの融資額が数百万円も減額される理由

  2. 高気密高断熱は本当にスグレモノ? 地域とライフスタイルで工法を選ぶ

  3. 古い建具や床柱の再利用で味を出す

  4. 建築家との相性はどうやって確認すればいい?

  5. マンションをリフォームする際に知っておくべきこと

  6. パントリーを考える~有益な生活スタイル、不要な生活スタイル

  7. 外壁をタイルにすることのメリットとデメリット

  8. 緑と光あふれる癒しの空間 サンルームのある家

PICKUP

  1. アイランドキッチンが良いわけ

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP