Loading

倉庫スペースに書斎を設ける

今までは倉庫として使っていたスペースを、書斎として利用する――――このようなかたちで「書斎ライフ」を楽しむ人もいます。
そのやり方について見ていきましょう。

 

実例

実例としてあったのは、「子どもが複数人いる。親の方針で、個別の部屋は持たせなかった。ただ、受験のころなどは、やはり静かな空間で勉強させてあげたかった」という意見のもとで、倉庫を書斎にしたというもの。

この場合、今までは「物入れ」として使っていた半外の倉庫を書斎に改造しました。
ただ、「本格的なリフォーム」というわけではなく、電気を通して、そこに机を運び込んだごく簡単なものです。

この「勉強部屋」とも言える書斎スペースは、1人目の子どもが終わったら2人目の子どもが……というように、きょうだいで受け継いでいくことになりました。
また、子どもたちが巣立った後は、親のワーキングスペースとして利用されています。

 

メリットデメリット

倉庫を書斎にするやり方は、あまりお金がかかりません。その気になれば、業者を通さずに自分たちだけで作り上げられてしまうことでしょう。
面倒な施工計画もいりません。この手軽さは非常に魅力的です。また、必要がなくなれば倉庫に戻すこともできます。

一方、エアコンなどの設備を入れたいとなると、かなり大がかりな施工になるのは事実です。電気の調整までは簡単であっても、エアコンを入れるとなるとなかなか難しいもの。

しかし倉庫は、「居住性」を考えて作られているものでは(原則として)ありません。このため、エアコンを入れないとなると、勉強をするのにかなりつらい環境になってしまいます。

冬の場合は電気ストーブを使ったり厚着をしたりすればよいのですが、夏は蒸し風呂になってしまうことも……。

倉庫を書斎として使う場合は、このような「温度管理」をどのようにして行うかを考えなければなりません。また、当然のことながら、倉庫にある程度の広さも必要になります。

 

 

執筆者=鍋谷萌子

https://pixabay.com/ja/%E3%83%87%E3%82%B9%E3%82%AF-%E4%BA%8B%E5%8B%99%E6%9C%BA-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%A2-%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%83%9A%E3%83%B3-%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97-%E6%96%87%E6%88%BF%E5%85%B7-1082044/

関連記事

  1. 建築コストが抑えられる外観のカタチとは?

  2. 住宅ローンの金利以外の賢い選び方!付帯サービスをチェック

  3. 魅力的な進化を遂げ続けるトイレについて

  4. 駐車場スペースを設ける際に、注意しておくべきことをご紹介

  5. コンロの口の並び方

  6. 建ぺい率・容積率についての解説

  7. 「子ども部屋はいらない」という意見について

  8. キッチンのワークトップ~ステンレス

PICKUP

  1. アイランドキッチンが良いわけ

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP