Loading

台所の照明を考える

台所にはどのような照明を入れればよいのでしょうか。これの最終的な判断は「個人の好み」に帰結しますが、それでも、「一般的に向いている照明」はあるものです。それについて見ていきましょう。

 

LEDが使いやすい

台所にもっとも向く照明として、「LED」が挙げられます。比較的新しい照明の形態ですが、その便利さ、扱いやすさから、現在では白熱灯などに変わって「照明器具の王道」とも言えるものに成長しました。

LEDは非常に優れた照明です。これはとても長持ちする照明であり、替える手間を激減させました。値段は白熱灯などに比べて高いのですが、ランニングコストを考えればこちらの方がオトクになると言えます。また、電気代もこちらの方が節約できます。

LEDが台所に適していると言われるのは、虫が寄り付きにくいという特性にもあります。加えて非常に明るいため、しっかりと周りを照らすことができます。食材の色も見やすく、おすすめの照明だと言えます。

 

照明器具のかたち

照明器具のかたちにもこだわりたいものです。
まず「明るいこと」が前提です。
そのため、まずは手元を明るく照らし出すことができるように壁もしくは吊戸棚の下に照明を入れておきましょう。

ペンダントタイプの照明を導入するのであれば、「暗がり」ができないように注意してください。場合によっては、これは補佐的に使う、と割り切るのもよいでしょう。
対して、任意に当てる方向を調整できる「スポットライト」はかなり使い勝手のよいものです。

独特の風合いを出す「ダウンライト」は、ペンダントタイプ同様、「暗がりになるところはないか」ということを考えてつけたいものです。光量を調整できるものを選べば、「料理中は明るく、リビングで食事をとっているときは少し暗く」などのような調整が可能です。

キッチンの照明には、「おしゃれさ」と同時に「使い勝手の良さ」が求められます。自然光が入らない時間帯でも使えるかどうかをシッカリチェックしましょう。

 

【参考URL】

キッチンの照明はキッチンタイプにあわせて選ぼう


http://panasonic.jp/light/led_equip/kitchen.html

 

 

画像

https://pixabay.com/ja/%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3-%E3%83%87%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%8F%B0%E6%89%80-2132611/

関連記事

  1. 良いレンジフードを選ぶ際に必要な視点とは?

  2. 次に買うテントはコレ!膨らませるだけで自立するエアーフレームテントの実力

  3. 日当たりの悪い部屋を明るい部屋に変える方法

  4. 便利な備え付け収納を小技を取り入れてつくる

  5. 建築会社によって大きく変わる新築住宅の工期

  6. 廊下の工夫ひとつで家の印象は大きく変わる

  7. 住宅ローン、赤字会社に勤務していると借りられないの?

  8. コートハウスってどんな家?

PICKUP

  1. コートハウスってどんな家?

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP