Loading

積雪地で気を付けるべき屋根の形状

雪の降る地域、特に屋根の雪が雪崩のように落ちるほどの積雪地では、屋根の方向、形状に注意する必要があります。屋根に積もる雪の重みに耐えられる構造であることも必要になってきます。ここでは、積雪地で気を付けるべき屋根の構造などについて紹介していきます。

屋根の雪で危険なことは?

屋根に積もる雪でどのような危険が考えられるでしょうか。

・屋根から雪が滑り降りてきて、下敷きになる
・屋根の雪が解けて「つらら」になりそれが落ちてけがをする
・屋根の雪が隣家の敷地に落ちて、フェンスやエアコンの室外機を壊した
・屋根の雪が積もり、加重に耐えられなくて屋根が壊れた
・1Fの下屋の雪が2Fの窓まの高さまで積もり窓が割れた

など、上記のようなことが筆者の周りでも実際に起こっています。雪の降る地域では、積雪は住まいにとても影響があることなのです。

屋根の方向、形状で気を付けるべきことは

屋根の勾配の方向は、積雪地では非常に重要です。これを誤ると、車を駐車できなかったり、隣家とトラブルになったり、様々なトラブルが起きる可能性があります。雪が落ちても隣家に影響がないか、車や歩行者に影響がないかなど、十分に考慮するようにしましょう。

また、屋根の形も同じように重要です。切り妻屋根という、シンプルな良く目にする三角の屋根は、一方の屋根の面積が大きくなるのが一般的です。その分同じ方向に雪が落ちていくことになるため、落雪の量が多くなります。雪をなるべく落とさなように雪止めで対処する、または、寄棟や陸屋根など、雪の落雪量が少ない、あるいは雪を落とさないなどの対応も検討しましょう。

もし雪でトラブルになったら

十分気を付けて住宅を建てていても、近年の異常気象で想定外の大雪などに見舞われることもあります。万が一のことも考えて、雪害や賠償での保険がおりるよう、損害保険の加入もおすすめです。第三者に対する損害の他、雪で屋根が破損した場合に、加入者に保険が下りることもありますので、もしもの為のことも検討してみてもよいかもしれません。

執筆者:GOKURA

関連記事

  1. 吹抜けデザインを取り入れる効果と注意点

  2. 「早い・安い」だけを求めたときの危険性とは

  3. 玄関に大型収納をつくることの有用性

  4. ハズレの土地には絶対に必要!! 地盤改良工事とは?

  5. 狭い子ども部屋の活用方法

  6. 正しい薪割りの方法を覚えて安全に薪作りを楽しもう!

  7. オール電化は光熱費の節約につながる?

  8. 後悔しない家を建てるためにやっておきたいこと

PICKUP

  1. コートハウスってどんな家?

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP