Loading

「無垢の木はやせる」とはどのような現象か?

無垢のフローリングやカウンターなど、自然派の住宅は大変多くなっています。天然ならではのぬくもりと素朴な雰囲気は、とても気持ちの良いものですよね。無垢のフローリングや無垢のカウンターなどは、天然であるがゆえに、経年変化で「やせる」という現象があることをご存じですか?ここでは良く聞く「無垢の木はやせる」というのはどのような変化のことなのかについて紹介していきます。

「無垢の木」は生きている

無垢の木は伐採後、フローリング材などに加工されても、生きています。正確に言えば、土に埋めてあるかのような変化があります。

例えば、季節ごとでの変化です。1年を通して「木」は変化しています。湿気の多い梅雨の時期は「木」が湿気を吸い、膨らみます。逆に、冬場など室内の暖房などで乾燥した空間になると、「木」は自らの水分を放出して縮みます。

無垢のフローリングでは、この変化が顕著に現れることがあります。フリーリングは同じ幅で横に継ぎながら張られていますが、その継ぎ目のスキマが冬は大きなスキマになり、梅雨から真夏は継ぎ目のスキマが小さくなります。

もし、冬の間にスキマにゴミがあれば、取れそうなゴミでも、夏場になるとスキマが小さくなり、取れなくなるなどという現象も起きるかもしれません。よくよく注意して観察すると、膨張したり収縮したりと面白いように変化します。

「無垢の木がやせる」とは?

無垢の木は絶えず変化しています。そして、それは木を伐採した時から始まっています。元々、「木」には水分が含まれています。しかし、伐採したばかりの「木」は水分が多すぎて、すぐ住宅の構造材や造作材に使うことはできません。自然に寝かせていても水分はゆっくりと蒸発して行くのですが、構造材を自然の力で乾燥させるのは、大変に効率が悪いものです。そこで、構造材などは機械の力を借りて、強制乾燥をさせます。

機械で乾燥をさせるのですが、住宅の工事に使われてからも、「木」はゆっくりと乾燥していきます。蓄えている水分を放出していくため縮みます。この縮んでいく現象が「木がやせる」ということに繋がっています。

現代の住宅は高気密高断熱で、24時間換気の導入や全館暖房など、室内が乾燥しやすい環境にあります。そのため、「木」も水分を放出しやすい環境になり、昔に比べて「木のやせ」は早い段階で訪れているという印象があります。

「木」がやせると建物に影響がある?

「木」が痩せても大きく建物に影響があるものではありません。「木」を良く知る施工店なら特に、痩せることを前提に施工をしています。また、「木」が含んでいる水分を表す「含水率」にも注意して構造材を選んでいる施工店がほとんどですので、それほど心配はいりません。

しかし、一番影響があるとすれば、大黒柱や無垢の一枚もののカウンターなどは、痩せの変化が完成後も大きい場合がありますので、もしスキマが気になるようなら施工店に相談してみても良いでしょう。

「木」がやせると心配に思うこともあるかもしれませんが、それこそが天然の良さとも言えますので、上手に付き合っていきたいですね。

執筆者:GOKURA

関連記事

  1. どのようなことを意識しておけば収納に困らない家づくりができるのか

  2. 進化を遂げるハイグレードな水栓金具について

  3. 暑い夏だから大活躍?! 太陽光発電パネル

  4. 金融機関が重視する年収・年齢を知ると住宅ローン審査に通りやすい?

  5. 高断熱・高気密な住宅の特徴について

  6. ペニンシュラキッチンのメリットと特徴

  7. ウォークインクローゼットの広さの目安とは

  8. 子ども部屋とファブリック

PICKUP

  1. アイランドキッチンが良いわけ

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP