Loading

オープンキッチンのメリットと特徴

オープンキッチンとは、その名前の通り、キッチンが開放的になっている作りを言います。
現在のキッチンは、「対面型」をとるケースが多いと思われますが、オープンキッチンの場合、リビングとの間に壁や収納スペースを設けません。

このオープンキッチンのメリットはどこにあるのでしょうか。
※実際には「オープンキッチン」と一口にいっても、アイランド型やI字型などのさまざまな種類があります。ここではまず、「オープンキッチンの基本」についてお話します。

 

オープンキッチンのメリット

オープンキッチンの最大のメリットは、「開放感がある」ということです。
収納スペースや壁がある場合とは異なり、リビングの光も取り入れることができるため、非常に明るいキッチンとなります。「手暗がり状態」になりにくいため、使い勝手がよいでしょう。

「見通しがきく」というのも大きなメリットです。リビングにあるテレビを見ながら、あるいはリビングで遊ぶ子どもを見守りながら料理をすることができるため、非常に快適な空間で料理ができます。

オープンキッチンのデメリット

一方、オープンキッチンにもデメリットはあります。
まず、煙やにおいの管理をしっかりしていなかった場合、リビングの部分にまでそれが行き渡ってしまう可能性が高い、ということ。

「におい」はなかなか難しい問題です。料理のかぐわしい香りは私たちの心をわくわくさせてくれますが、時には不快感がある臭いすらリビングに届いてしまうのです。お客様がいらしているときには特に邪魔になるでしょう。

もう1つは、「料理の過程が見えやすい」ということ。
これは、オープンキッチンのなかでも、アイランド型のキッチンにおいて非常に顕著です。
料理の過程だけでなく、料理の最中に出るゴミなども丸見えになってしまいます。

また、食器棚や家電製品もリビングから見てすぐに目についてしまうため、掃除や片付けに対して神経質にならざるを得ません。「見せたくないものをどう片付けるか」が問われ続けるものだと言えるでしょう。

 

https://pixabay.com/ja/%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3-%E3%83%87%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%8F%B0%E6%89%80-2132608/

執筆者=鍋谷萌子

 

関連記事

  1. 暖房に薪ストーブを採用して困ったこと

  2. 断熱性・気密性に優れた家をつくる住宅メーカーの選び方

  3. 廊下の工夫ひとつで家の印象は大きく変わる

  4. 建築家との家づくりでコスト増にしない注意点

  5. 屋根裏のある家、メリットとデメリット

  6. 自然災害補償付き住宅ローンで近年の自然災害の大規模化に備えよう!

  7. 建築家との家づくり。土地探しから依頼可能なの?

  8. 小さなスペースで広々と暮らすオープン設計

PICKUP

  1. アイランドキッチンが良いわけ

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP