Loading

中庭のある家、メリットとデメリット

注文住宅を選んだ場合、間取りを自由に設定することができます。
このため、「中庭」を作り上げることも簡単です。
ただ、この中庭にはメリットとデメリットがあります。
それについて見ていきましょう。

 

中庭、これにはどんなメリットがあるの?

中庭があることのもっとも大きな魅力は、「居住空間に明かりを取り入れやすい」ということにあります。
北側の部屋、あるいは周りがほかの家で囲まれている家などは、どうしても自然光が取り入れにくくなります。中庭はこのような「光の問題」の対策となり得ます。

加えて、「換気をしやすい」というのも魅力です。
外が大きな通路に面していたり、あまり治安が良くないところなどであったりすると、窓を開けるのは少々怖いもの。しかし中庭ならば、気にせずに開けることができます。

また、中庭を入れることによって、奥行きのある家、面白みのある家を作ることができます。
オリジナル色があふれる家をつくることができますし、「外から見た時には目立たないのに、家のなかは独創的である」というような驚きを与えることも可能です。

 

行動動線の長さ、手入れの面倒さが気にかかる

しかし中庭がある家にもデメリットはあります。
まず、敷地面積が狭い場合、中庭を設けたことによって、ただでさえ狭い敷地面積が制限を受ける可能性がある、ということ。

また、中庭は家の中からすぐに見える場所であるため、「汚れ」が非常に目立つという欠点もあります。そのため、こまめな手入れができる人ではないと、みすぼらしくなってしまう可能性が高いのです。

加えて、中庭を入れることで、中庭がない場合ならば一直線で移動できるところもぐるりとまわっていかなければならなくなる、といった欠点もあります。
窓を多くとる場合は、生活スタイルにもよりますが、光熱費の問題が出てくる可能性もあります。強度計算もしっかりしなければなりません。

中庭を設けることには、さまざまなメリットがあります。しかし同時に、デメリットもあるのです。

 

 

https://auiewo.com/blog/house-with-courtyardhttps://pixabay.com/ja/simpolo-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89-morbus%E3%81%AE%E8%A4%87%E6%95%B0%E5%BD%A2-%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB-%E3%82%BB%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF-2020163/

https://pixabay.com/ja/%E9%83%BD%E5%B8%82-%E5%B8%82-%E5%BB%BA%E7%89%A9-%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3-%E3%82%A2%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%88-%E5%B1%8B%E4%B8%8A-%E5%A4%AA%E9%99%BD-2569550/

 

執筆者:鍋谷萌子

関連記事

  1. 現場見学ではここを見よう!特にチェックすべき5つのポイント

  2. I型キッチンのメリットと特徴

  3. 駐車場から玄関への動線は意外と重要

  4. 基礎パッキン工法のメリットとデメリットについて

  5. 職人泣かせな2×4住宅の現実とは

  6. 金融機関が自営業者に対して住宅ローンの融資を行うか否かを判断する際、最も重視して審査するポイント

  7. 住宅ローン控除中の繰上返済はした方良いの、しない方が良いの?

  8. 建築家に設計を依頼して施工不良を無くそう。

PICKUP

  1. アイランドキッチンが良いわけ

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP