Loading

暖房に薪ストーブを採用して困ったこと

ゆらゆらと燃える炎を眺めながら、ゆったりと寛げる雰囲気を感じる「薪ストーブ」スタイルにあこがれを持つ方も多いでしょう。暖房の手段として取り入れてみたいけど、薪の調達、灰の始末、温度調整など実際にはとても大変なのではないかと不安もありますよね。

ここでは、薪ストーブを採用して困ったことなどを施主さんの事例を中心に紹介していきます。

薪小屋が必要だった

薪ストーブはペレットと言われる固形燃料を燃やすタイプもありますが、ここでは薪を使うケースに限定して紹介します。

薪を使うため、当然に大量の薪が必要になります。薪ストーブを使っているお家では、家の外に薪専用の小屋や薪専用の置き場などを確保して、おおよそ1年分は間に合う量をシーズンの初めに用意しておくケースがほとんどです。そのため、小屋などを建てる費用なども必要になります。

薪の調達が大変

薪の調達方法は、施主さんにより様々です。基本的には薪も「有料」ですので、購入することになるのですが、少しでも燃料費を節約したい場合は、木を扱っている知人などに譲ってもらったり、シーズンオフにある薪ひろいイベントに参加したりなどの方法もあります。

しかし、それだけでは十分な薪を確保できなかったり、また、薪にも樹種によって良く燃えるもの、長持ちするもの、ススの出にくいものなどがあり、良質の薪を手に入れようとするとそれなりの費用がかかります。

共働きだと日中の火災が心配

今の家は、そのほとんどが全館暖房となっており、寒い地域の場合は暖房を消さずに一日中つけているシステムが多くなっています。

薪ストーブの場合でも、同じく、いつも火をつけている状態になり、とろ火運転をしておきます。メーカーとしては、火災の心配のない造りであるため大丈夫ですと太鼓判を押しますが、施主さんは留守の家で火を焚いていることが心配で、結局、休日しか使わないものになってしまいました。

小さな子供がいると火傷が心配

小さな子供さんがいるご家庭の場合、どうしても火傷が心配なるようです。触れないようにガードを付けたり、または、子供さんがある程度大きくなるまでは、薪ストーブを使わないという選択をされた施主さんもいらっしゃいます。

温度調整が難しい

エアコンなどと違い、薪ストーブの場合は、細かな温度調整は出来にくいです。そのため、暖房の季節のうち、晩秋や初春のころなど、それほど暖房が稼働しなくとも良い時期には部屋の温度が上昇し過ぎることもあります。窓を開けるなどの対処方法もあります。

薪ストーブは、炎をみているだけで、癒しの効果も期待できるような深いくつろぎを感じさせてくれますが、お手入れや日頃の取り扱いに手がかかることは事実です。採用する際には、家族内で使い方、生活スタイルなども考慮して、良く検討することをおすすめします。

執筆者:GOKURA

関連記事

  1. 子ども部屋、最低何畳が必要?

  2. 進化を遂げるハイグレードな水栓金具について

  3. 子供部屋づくりは成長に合わせた見直しがポイント

  4. 子ども部屋はいつから必要か?(マンション向き)

  5. 省エネ住宅のポイントとなるエアコンの選び方

  6. 必要? 不要? 役割を変えて進化し続ける雨戸

  7. 住まいの気になる「臭い」とは?

  8. いい建築家の選び方と、その方法について

PICKUP

  1. アイランドキッチンが良いわけ

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP