Loading

収納は「分散型」が上手に片付くポイント

間取りの中で、収納スペースが確保してあるか、確保していないかはとても重要なポイントです。収納が少なすぎれば、せっかくの新築の住まいも、収納するための家具でいっぱいになってしまったということになっていまいます。収納といっても、和室にある押し入れのような奥行きのある収納だけでは、上手に整理することは難しく、奥行きの浅い収納を、使う場所の近くに細かく分散してあると、片付けもしやすく、いつも整理された室内になります。ここでは、間取りの中での上手な収納の取り方について紹介していいきます。

押し入れ型は1箇所あれば十分

和室の押し入れのような、奥行きのある収納はお布団などの寝具をしまっておく分には便利ですが、普段のものを収納するには奥行きがありすぎて、奥のものは取り出せないなど、なかなか上手く使うことが難しいものです。押し入れ型の収納は、寝具用に1箇所を目安にしていきましょう。

トイレ、洗面所の近くにほしい浅型の収納

トイレットパーパーのストックや箱テッシュのストック、掃除機やモップなどの清掃用具などの収納をトイレや洗面所の近くに取り入れられると便利です。トイレットパーパーなどは、補充したいときに近くにあるとすぐに対応できるため、家族のだれでも対応しやすいですね。奥行きはストックのものがはいるような大きさが目安になります。

キッチンの近くに食品庫兼用の収納

キッチンまわりは、暮らしているとどんどん物が増えていってあふれてきます。特に、贈答品や買い置きの調味料など、見やすく取り出しやすいように、奥行きの浅い収納のほうが便利ですね。100円ショップなどのカゴを利用して、種類別に区分けして入れておくと、ストックが切れているかどうかもわかり易く、見た目にもシンプルで片付きやすくなります。

リビングの近くに本が入る収納

リビングは、筆記用具から、料理やお掃除などの実用本、雑誌、電気製品のリモコンなどこまごまと雑多なものが出てきます。日常的に使いたいものも多く、ついつい片付かないリビングまわりになりがちですね。そんな状況を解消するためには、リビング近くに本が入る程度の浅型の収納があれば、雑誌類なども整理でき、また、急な来客のときにも、まとめてカゴにいれて収納にいれてしまえば、一瞬で片付きます。子供のおもちゃなども収納できると便利ですね。

収納は、実際に使おうと思うと、押し入れのような奥行きが必ずしも必要ではありません。そのため、間取りの中で無理矢理に取り入れようとするというよりは、あまったほんの少しのスペースを収納に活用するという方法でも十分に対応できるものです。新築したのに、収納するための家具をたくさん購入することの無いように、間取りのなかで工夫して取り入れてみましょう。

執筆者:GOKURA

関連記事

  1. 大手住宅メーカーと地元工務店はどちらが良いか

  2. 建築基準法で言う「建築」とは

  3. ノンバンクから住宅ローンを借りる場合のメリット・デメリット

  4. 「コンストラクションキーシステム」について

  5. フラット35・20を組み合わせるダブルフラットは柔軟な返済が可能

  6. 高級な総檜住宅が人気を集める理由とは

  7. 子ども部屋、最低何畳が必要?

  8. キッチンのワークトップ~木

PICKUP

  1. コートハウスってどんな家?

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP