Loading

「採用してよかった」間取りベスト5

住宅の間取りで失敗したくない!と誰でも慎重になりますよね。そんな時は、実際に住宅を建てた先輩達の意見が一番参考になります。どのような間取りなら「採用してよかった」と思っているのか、ここでは実際に住宅を建てた施主さんの感想をもとにした「採用してよかった」間取りのベスト5として厳選して紹介します。

玄関クローク

玄関クロークを採用した施主さんの多くは、抜群の使い勝手の良さを実感しているようです。もし予算や全体的な広さにゆとりがあれば、「もっと広くしても良かった」と感じているほど、日常的にとても便利に利用しています。

その理由としては、

・家族の靴が玄関先にあふれない
・靴が見やすく収納できる
・傘や長靴、ブーツ、雨コートなども収納できる
・新聞や分別ゴミの一時保管もできる
・子供が自分で靴を整理してくれる

などなど、その他自転車を収納したりと施主さんオリジナルの使い方で様々に工夫されています。

普段、玄関先に脱いだ靴があふれるのを緩和してくれるというのは、奥様にも大変喜ばれる機能性ですよね。

パントリー

パントリーとは、キッチンに併設された食品庫などになります。パントリーは想像以上にとても便利な空間です。

その理由としては、

・贈答品の収納ができる
・缶詰など食品の買い置き、洗剤などのストックを収納できる
・ホットプレートなどの家電品を収納できる
・季節限定の器や大きな食器を収納できる

などなど、キッチンの本体の収納や、キッチンまわりの収納だけでは入りきらないものなどを、オープンにまとめて収納できるなど家事のお助け空間です。

ウォークインクローゼット

「ウォークイン」のクローゼットですので、押し入れのような扉をあけての収納ではなく、3畳などある程度の広さの収納スペースになります。収納の作り方次第では、洋服はもちろん、置き場にこまる婚礼タンスごと空間の中にいれてしまったり、パイプハンガーを二段にして収納力を増やしたり、棚に陳列というショップのようにディスプレイを楽しむなど、使い方は広がります。

2Fのトイレ

コスト削減や間取りの制限などで、2Fのトイレを採用するか迷うこともあるかもしれません。しかし、もし出来るなら、2Fのトイレは採用したほうが良さそうです。

その理由は、

・子供が早くから夜中にひとりでトイレにいける
・家族が多い場合、1Fと2Fでトイレを分散して使える
・来客のとき、2Fのトイレが使える(階下に下りなくとも良い)
・高齢になっても2Fにトイレがあると階段を使わなくて良い

など、2箇所にあることの安心感もあることや、子供の成長とともに使用機会も増え便利に使えるなどのメリットがあります。

リビング脇に小上がり畳スペース

リビング脇に併設された小上がり畳スペースとは、扉でも間仕切りできる場合と、扉が最初からない、リビングの一部としての使い方と二通りあります。

どちらも、普段使いができることが特長で、かなり便利に使える空間のようです。

その理由は、

・子供が小さいときはお昼寝に使える
・来客が多いとき、ソファに座れない人も小上がりに腰かけられる
・ゴロンと横になりたいときに便利
・洗濯物を畳んだりアイロンをかけたり家事的な使い方もできる

などなど、やはり日本人は畳みの上がホッとする時もあるようですね。和室まではいらないかもしれないけど、まったく畳スペースがないというのもどうだろうという場合、日常的に、しかも使い方の幅も広い小上がりの畳スペースは便利に使えそうですね。

今回は、実際に採用した施主さんたちから評判のよかった間取りを、厳選して紹介しました。これからプランを考える時の参考にしてみてください。

執筆者:GOKURA

関連記事

  1. 後悔しない家を建てるためにやっておきたいこと

  2. 倉庫スペースに書斎を設ける

  3. あえて葉巻を吸うなら、最適の保管状況で最高なものを!

  4. 郵便ポストのベストな配置は重視するポイントによって決まる

  5. 窓の種類と取り付け位置による違いとは

  6. ウォークインクローゼットのメリット

  7. 生前贈与で贈与税対策と住宅ローン控除を併用するときの注意点

  8. 階段リフォームの工夫【照明・手すり編】

PICKUP

  1. コートハウスってどんな家?

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP