Loading

高気密高断熱は本当にスグレモノ? 地域とライフスタイルで工法を選ぶ

「高気密高断熱」は、非常に人気の高い建築方法のうちの1つです。
しかし、「どんなライフスタイル、どんな地方でも、この高気密高断熱がおすすめである」というわけではありません。
高気密高断熱が向く家・向かない家、高気密高断熱が向く生活・向かない生活について見ていきましょう。

 

高気密高断熱のメリットとデメリット

高気密高断熱の最大のメリットは、家の中の温度を常に一定に保つことができる、という点にあります。
外気の影響を極めて受けにくく、冬は暖かく、夏は涼しい家を作り上げることができます。
「寒い」「暑い」は、非常に大きなストレスになります。高気密高断熱は、このようなストレスから、家族を守ってくれます。

一方、「窓が小さくなりがち」というデメリットも持ち得ます。
また、施工業者の技術が非常に問われる工法でもあります。良い材料を使っていても、施工業者の腕が悪ければ、十分な効果を得ることはできません。同じ施工業者がやっている「お宅訪問」に冬場に足を運ぶようにすると、その施工業者のレベルが多少分かるはずです。

 

高気密高断熱が向くスタイル、向かないスタイル

高気密高断熱は、温かい空気を家の中にとどめて置けるため、寒い地方の工法として非常に愛されています。
また、意外に思われるかもしれませんが、非常に暑い地方であり、「夏場はずっとエアコンをかけていたい」という人にもとても向いています。

一方、「風通しの良さ」を重視するライフスタイルの人には、高気密高断熱はおすすめできません。窓を開けてしまうと、高気密高断熱で閉じ込めていた冷気や暖気が逃げてしまうからです。
また、窓を大きくとりたい人にも高気密高断熱は向いていません。

「窓をあけて過ごしたい」「風通しのよい家に住みたい」という人は、在来工法の方がよいでしょう。日本の在来工法は夏を旨として作られているからです。
自分にあった工法を選びたいですね。

 

関連記事

  1. 「夫婦寝室はいっしょがいい」が半数以上に

  2. 地鎮祭や上棟式は減少傾向

  3. 知っておきたい住宅ローンの金利が魅力のネット銀行のデメリット

  4. 輸入住宅メーカーの草分け、スウェーデンハウス

  5. 正しい薪割りの方法を覚えて安全に薪作りを楽しもう!

  6. 冬場に家を建築するときの注意点

  7. トイレは横入り引戸で便利な空間へ

  8. 暖房に薪ストーブを採用して困ったこと

PICKUP

  1. システムキッチンの選び方

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP