Loading

意外と知らない吹き抜けのメリットとデメリットとは?

住宅展示場に足を運ぶと、吹き抜けのある住宅を見る機会が多いです。天井が高く、のびやかさを感じる吹き抜けのある家にあこがれ、これから家を建てようという方々の中に、検討されている方もいるかもしれません。しかし、吹き抜けにも気を付けなければならない注意点が存在します。ここでは、吹き抜けのメリットとデメリットや採用する場合に注意する点についてご紹介します。

吹き抜けのメリット

吹き抜けの最大のメリットは、何と言っても「解放感」になります。天井が高く、空間にのびやかさがあり、仮にそれほど広くないLDKであっても、天井が吹き抜けになっていると、かなりの広がりを感じる効果があります。階上とも空間に一体感が生まれ、家族の気配が感じられる住まいになります。

また、高い位置から明るさを確保できるのも、吹き抜けの良い点です。例えば、隣家との距離が近かったり、公園の前だったり、1階に大きな窓を確保しにくいような敷地条件の場合、吹き抜け空間を利用して高い位置に窓を取り付ければ、視線を気にせず明るさも確保することが可能になります。

吹き抜けのデメリット

吹き抜けのデメリットは、音が聞こえやすいという部分です。昔と比べ、近年の住宅は性能が高くなり気密性が良くなりました。そのため、中の音が外に漏れにくくなったことに加えて、家の中の音は室内に響きやすくなったのです。間取りにもよりますが、特に、2階での足音やトイレの水流音、話し声、ドアの開閉などは意外と聞こえてきます。

また、冬場に吹き抜けから冷気が下りてくるという現象もあります。冬場の暖気が全部2階に上がってしまい、1階と温度差が生まれるというような、暖房の配置計画であまり吹き抜けを考慮していない場合に起こりやすくなります。もしリビングの真上に吹き抜け空間がある場合、ソファに座っていると、背中や足元にヒヤっとした冷気を感じるという例は多いです。

デメリットの対処法は?

吹き抜けにデメリットもあるとはいえ、広がりの効果も高いためプランニングに取り入れたいと考えている場合は、特に冷気対策を考慮しておくと良いでしょう。

例えば、吹き抜けの場所をリビングの真上は避けることや、吹き抜けの天井(一番高いエリア)に、シーリングファンなど空気を循環させる設備を取り付ける、暖房器具の配置計画に気を付けるなどに注意してみると緩和できる可能性が高まります。

吹き抜けの良い点、注意点をよく理解して間取りのプランニングに取り入れてみてください。

執筆者=GOKURA

関連記事

  1. おしゃれで実用的な構造材を利用した棚作り

  2. どのように違うの?元利均等返済と元金均等返済

  3. 高齢者に配慮した住まい(階段・廊下・玄関ホール)

  4. エアーと粉塵でサビを落とす“サンドブラスト”の魅力とは?

  5. 建築家と長く付き合うことのメリットとは?

  6. 建築家に依頼してもローコスト住宅は可能?

  7. 建てる前に知っておきたい屋上付き住宅の問題点

  8. 住宅ローンは借りる銀行によっては100万円以上支払総額が変化!

PICKUP

  1. コートハウスってどんな家?

最新の投稿

人気記事ランキング

フリーライター募集

お問い合わせはこちら

新大陸公式WEBサイト

ソーシャルメディア運用代行新大陸



PAGE TOP